2009年9月 9日 (水)

S21HTが戻ってきた。

突然電源が入らなくなり修理に出していたイーモバイルのS21HTが今朝戻ってきました。

8月31日にサポートに連絡、9月3日夕方(時刻はこちらの時間指定)に宅急便に渡して、9日午前中に自宅に再び宅急便で届きました。

宅急便には、サポートで指示があったとおり、S21HT本体の他、バッテリーと純正ACアダプタ(USB)とUSBケーブルを入れていました。届いた箱には「症状確認、本体交換」となっており、本体だけでなく、付属品全てが新品(か再生品?どっちかな)へ交換されていました。
連絡なかったので、おそらく保証期間中の無償交換なのでしょう。

トータル10日ほどかかった訳ですが、以前、電話をコンクリの上に落としてしまい、本体パネル上部に傷がついていたのですが、交換なのでそれもなくなっていたのは、ちょっとラッキー(傷は有償修理で直せたみたいだったので、実は悩んでました。様子みてて助かった)

まるごとバックアップはとっていなかった(ツール入れてません)ので、最初からインストールしなおしです。

といっても、使用目的がモデムとしてがメインなので、TweakとかWMWifiRouterぐらい。とりあえずWMWifiRouterだけ入れました。いい機会なので、改めてツール類をまた探してこようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

S21HTが故障

8/31の朝、充電のためクレードルにさしていたS21HTをふと見ると、電源が入らない状態になっていました。
前日は、ホーム画面が出ていたのは確認していましたが、バッテリーをしばらくぬいたりリセット押したり、いろいろしてみたのですが、まったく反応なし。

ちなみに、ネットで調べて見ると、S21HTの電源が突然入らなくなる不具合にあった人のページが結構ひっかかりました。

どうしようもないし、一応故障サポートにも入っていたので、対処方法を確認。
イーモバイルは、ドコモショップやauショップのような店舗がないので、修理はすべて郵送による受け渡しのみです(2009年9月現在のお話ですが)

まず、サポートセンターに連絡します(ここで5分ぐらいオペレータ待ちでした)。

ホームページ上では、受け取りは最短翌日となっていましたが、北海道だからなのか混み合っているのか、31日昼の申し込みで、最短は「9/3]といわれました。
本体とバッテリー、USIM、充電不良の可能性のためACアダプタも添付してほしいとのこと(念のためUSBケーブルもいれておきました)。さらに代替端末は用意できないとのこと。私はデータ通信がメインですが、通話できるプランだし、電話メインにしてる人ってどうするんでしょうね。

んで、3日の夕方に指定したので、自分は仕事中だったものの、両親が対応してくれました。クロネコヤマトの人がくるので、渡すだけです。

札幌→センター→修理→札幌となると、どれぐらいかかるんでしょうね。あとUSIMも渡しちゃってるし、基本料とかどうなるんでしょう(USIM手元で使えるなら、CFタイプの端末があったので差し替えで使えたのに)

イーモバイル自体は、東京から順次店舗を作っていくようなので、今後に期待でしょうか。せめて量販店とかで扱ってくれるとなしないと、ユーザー評価がどんどん下がっていくと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

WMWifiRouterをアップデート

S21HTの動作がおかしくなってしまったので、初期化するついでに、WindowsMobile端末をミニ無線ルーターにするソフト「WMWifiRouter」がアップデートされていたので、新しいバージョンを落として入れてみました。

詳しくは、伊藤浩一さんのW-ZERO3応援団に紹介されています。

前使っていたバージョンからの改善点は、

・日本語対応!
・無線LAN以外に、Bluetooth(PAN)やUSBでの共有にも対応
・USB経由で、WM機を無線LANクライアントとして使うことができる
・GUIの改善、安定性の改善、などなど

です。

以前は、ほとんどiPodTouch専用で使っていたのですが、
・iPodTouchと交換で、iPhoneにしてもらたら、最初はほとんど使わなくなった。が、iPhoneの爆発的普及?でソフトバンク回線が重いときに変わりに使える
・iPodTouchが戻ってきた\(^o^)/
・仕事用LOOX-U(NB50U)は、ドコモWANモジュール内蔵で、データ定額を使っているものの、イーモバイルの方が快適な場合があったり
なんてことがあって、また使うようになりました。

Bluetooth PANについては、もともとWM6の「インターネット共有」でできていたのと、複数で使うことがないので、まだ使っていません。

無線LANアダプタ代わりに使うやつは、まさに今使っています!
今、この文章は、VAIO N505SR(PentiumII 450M/128MB/XP Home)で書いてます。なにせメモリがMAXで128MBなので快適ではないのですが、キーボードが打ちやすいので、たまーに使ってます。
んで、ここの無線LAN(AirStation)を使おうと思って、手持ちのGW-USMicroNを設定したものの、どうも相性が悪いようで通信ができません。

そこで、S21HTを無線LANカードがわりにしてみたところ、うまく使えるようになりました!

使うための手順はこんな感じ。
・ホストPCにはActiveSync(XP)またはMobileデバイスセンター(Vista)を入れておく。
→USB経由でWMの「インターネット共有」を使う場合と同じ
・S21HTは、使いたいアクセスポイントが使えるように、事前に接続設定(Wifi)をしておく。
・WMWifiRouterで「Wifi→USB」を実行

ちなみに、前のバージョンでは、WifiRouterの「force ad-hoc only」がチェックされていると、普通にS21HTで無線LANのアクセスポイントを使うことができなくて、いちいちチェックを入れたりはずしたりしていたんですが、今は自動的に変更されるようです(うちの環境だけだったかも)

あと、Bluetooth対応のFOMA/au WIN端末経由でS21HTから定額(上限つき)ダイアルアップ接続できるようにした上で、WifiRouterからせ津族してみると、接続はするものの、1分ぐらいで切れてしまいました。どうもBluetoothとWifiの同時使用は難しいようです。
これができるとイーモバイル圏外でも使えると思ったのに。残念。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

TOUCH DIAMOND用クレードルが届いた

PDA秘宝館で注文した、TOUCH DIAMOND用クレードルと予備バッテリーが届きました。クレードルの写真はこちら(となりはサイズ比較用のiPodTouch/2nd)。クレードル手前にはLEDがあり、充電中は赤、完了時は青に光ります。

P1000046

クレードルの後ろ部分には、予備バッテリーが単体で充電できるスロットがあります。端末の後ろ側にフタがあり、ちょっとスライドさせると開きます。

P1000045

ちなみにこのセットしているバッテリーは、互換バッテリー(MUGEN)です。これ、純正よりほんの少しばかり大きいようで、DIAMOND本体やクレードルに入れるとき、ちょっと渋い(固め)になってました。

P1000044

これがクレードルの裏側。左から充電用DC入力、USB/イヤホンマイク接続用端子、そしてオーディオ出力端子になっています。真ん中のUSB/イヤホンマイク接続用端子は本体と同じ形状ですね(これって普通のミニUSBとはちょっと違うんですね)。DC入力には本体付属のACアダプタをつけてます。

オーディオ端子、まだ使ったことがないんですが、インターネットラジオとかに良いかも。

電池も2つになったので、ますますルーターとして(?!)使いこなせそうですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

クリスマスプレゼント...

といっても自分から自分にですがw

PDA秘宝館で、TouchDiamond対応のMugenPowerバッテリーと、クレードルをポチっと注文しちゃいました。

MugenPowerバッテリーは、純正より1割ぐらい容量(公称値)が大きい互換のバッテリーです(純正は900mAh,Mugenのは1000mAh)。

クレードルは、こちらもサードパーティー品ですが、本体が直接充電/シンクできる以外に、オーディオ出力端子と、予備バッテリーの充電が出来る機能がついていて、純正より良いかも。普通のケータイと同じくスタンドに置くだけですぐに充電できるのが良さげですね。予備バッテリーが単体で充電できるのもかなりポイント高いです。

21HTのバッテリーが思った以上にすぐ減るので、出先での交換用にバッテリーはほしかったんです。もともとS21HTはUSBで簡単に充電はできますが、時間がかかるので予備バッテリーはほしかったです。でも純正はバッテリーもクレードルもemobileのオンラインショップはずっと売り切れが続いていたので....

年内には届きそうなので楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

引き続きS21HTをいじってます

引き続き、S21HTをいじってます。

前回「無線LANがつながりにくい」と書いたのですが、どうもWMWifiRouterの「Configration」で「Force ad-hoc only」にチェックが入ってるとうまくAPにつながらないようです。ただ、チェックを入れないと外部のAPにつなげに行くだけ(他の機器から見つけられない)になってしまうので、面倒ですがルーターにするときだけチェック入れてます。今は、通話キー長押しでWMWifiRouterを起動、切断キー長押しでデータ通信切断するように割り当ててます。

あとは、SkypeとAGEphone Mobile、BatteryMonitorを入れ、TouchFLOはオフにしました。

Skypeはまだ試していないのですが、スマートフォン版では起動できず、PocketPC版を入れて起動だけ確認です。

AGEphoneはIP電話(SIPソフトフォン)で、有償ですがレジストしなくても通話3分という制限付きで利用できます。3G回線でもかなりクリアーに通話できましたが、数回に1回程度、通話中に無音になってしまう現象(Asterisk側でCLIでモニタしていると、SIP関連でワーニングが出ている模様)があり、現在調査中です。うまく使えると、定額データ料金のみで、自宅や事務所とは定額料金で通話でき、電話回線経由で発信すれば固定回線料金でかけられますね。

あと実験として、プリペイドで購入したアウトレットのD01NXとSIMカードを入れ替えてみました。D01NXでは接続ソフトでAPNを取り込み、ケータイプランのSIMでemb.ne.jpでうまく接続できました。逆にS21HTでプリペイドのSIMでは認識しませんでした(HSDPAではなくGSMとして認識しまう)。もちろんドコモのFOMAカードもダメでした(周波数帯域が違うから?電話番号は出た)。

プリペイドのチャージがあと2日で期限切れなのですが、S21HTの電池切れとか速度重視(S21HT経由するとどうしても速度が落ちる)の場合に、つかえそうですね。

でも予備電池とクレードルがほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

アプリをいくつか試してみた。

S21HTにいくつかアプリを入れてみた。

WMWifiRouter
今回の本命、WindowsMobile端末にルーター機能を追加し、自前のフリースポットみたいなことができます。adhocモードで動作するため、WEPの暗号化はできますが、一部ゲーム機など利用できない模様。iPodTouchで動作確認しました。情報ではPSPや任天堂DSで利用できない模様(未確認)。
購入はベクターなどからできます。また、試用期間があり事前に動作確認もできます。私の場合は、最初、ストレージ側に入れたのですが文字が全部「??」となってしまい使えませでした。しかも本体メモリに再インストールしたら期限切れ扱いに。購入して動作確認できましたw(動くっていうレポートを見ていたので)

NetFront LocationFree Player for Pocket PC
ロケフリ用クライアントソフト。動作対象外なので人柱として購入したら、S21HTでも動作はするものの、あまり実用的ではありませんでした。一番低画質で画面が小さい(拡大されない)ものの、なんとか動作。1つ画質を上げると全画面になりますが、音とびが結構発生します。なんか開発が収束してそうで、期待薄いかなぁ

Diamond TF3D Config
TouchFLO3Dをカスタマイズするソフト。英語版。ダウンロードには無料の登録が必要。メニューの並びとか非表示設定などのカスタマイズができます。emnet加入していないのでメール(メニューではSMSとして表示)や電話を消して、プログラムや設定を先頭に持ってきています。

Diamond Tweak
TouchDiamondのカスタマイズができます。英語版。キャッシュON/OFFなど細かなシステム設定が可能。まだ調整中ですw

■その他
WindowsMobileはPPTPクライアントが最初から入っているので、自宅のRT58iをPPTPサーバにして接続できるようにしました。そこから自宅内のWindowsMediaエンコーダでラジオやテレビをリアルタイムエンコード、S21HTのWindowsMediaPlayerで再生してみたら、かなり良い感じです。S21HTはBluetoothも内蔵しているので、Bluetoothレシーバーで聞くと良いですね。ちなみに映像は波打った感じになるものの、前述のロケフリクライアントより良い感じです。
あと、あまり使わないので実害はないですが、WifiRouterのせいか、相性の問題かWifiのAPへの接続が殆どできていません。原因は調査中です。
充電はミニUSBでできるので便利ですが、イヤホンマイクはHTC独自のUSB併用タイプで、付属イヤホンマイクか変換ケーブル(ヨドバシなどで購入可)が必要。特にFMラジオを使う場合は、イヤホンマイクをつながないと動作しない。感度は悪くないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S21HTを買ってしまいました

なんとなく衝動買いで、S21HTを買ってしまいましたw(といっても買ったのは1週間前)

S21ht
とりあえず、iPodTouchとならべて撮ってみた。

以前、プリペイド契約でCFタイプのD01NXを購入していましたが、今回はTouch Diamondがほしかったので、通常契約です。

実は分割払い形式で携帯を買うのは初めてなので、どのプランにしようか悩みました。

この電話機の代金は、63,980円です。ちょうど、期間限定でPDA系端末が「ケータイプラン+新にねん+アシスト1600」で「店頭で100円」というのをやっていました。端末代金が月額1600円+データ通信料上限4980円(通常は最低1000円のところ、このキャンペーンで契約した場合のみ0円~)となるプラン。ただし、「Emnet(月額315円)」と「定額プラン24(月額980円、このキャンペーンの場合は最初3ヶ月は無料)」の加入が必須とのこと。

確かに初期投資は安いけど月額が結構かかるなぁ、と思って他のプランを調べたら月2000円ずつ2年分割(合計48000円)の「新にねん+アシスト1000」と、月1000円ずつ2年分割(合計24000円)の「新にねん」も選べるそうです。新にねんだと、1000円~4980円上限で、最初の1000円に端末代金1000円分と無料パケット通信料1000円分が含まれています(アシスト1000併用の場合は+1000円で2000~5980円)

で、結局一番月額の負担が少ない「新にねん」にしました。もし使わなくなっても、ちょっとだけつかったぐらいなら1000円に収まるかもしれないし。支払い端末代金は39980円。端末代金はヨドバシポイントがつきます。また、PDAタイプは料金支払がクレジットカード限定だったので、ドコモのDCMXにしました。なんと、イーモバイルの利用料金(端末の分割代金含む)でドコモのポイントがつきますw

で、なぜTouchDiamondを買ったかというと、WMWifiRouterというシェアソフトを使って、iPodTouch用の自前フリースポットを作りたかったのです。一番小さかったのがDiamond(キーボードなどいらない)で興味もあったこと、S21HTで動作実績の報告が複数あったこと、また他社(ドコモやソフトバンク)でも出していますが、接続機器での利用が制限されているため、イーモバイルでの購入となりました。

長くなっちゃったので、入れたアプリとかは別記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)