« WM3600Rと光ポータブルの違い。 | トップページ | フレッツ光ネクストのIPv6まとめ »

2012年6月16日 (土)

公衆WiFiのSSIDまとめ

最近、公衆WiFiサービスが増えてきたので(特にWi2などが沢山あってよくわからなかったので)札幌で見かける公衆無線LANのSSIDを調べてまとめてみた。

2014/3/21 auWiFi、docomoWiFiの記載と、Wi2プレミアムを変更
2012/6/16 22:39 UQWiFiはWi2オリジナルとローミング関係なかったので削除。
2012/6/16 23:51 WM3600RでWi2を使う場合注意点を追加。
事業者名 SSID 解説
KDDI系
KDDI
(au)
au_Wi-Fi
au_WiFi2
auのスマホやiPhoneなど契約ユーザー向け。
Wi2(Premium)と共同運用。
au端末は無料で利用可能。WindowsやMacは専用アプリにより
1回線につき1PCが無料利用可能。
※iPhoneはシステムの都合で、au_WiFi2で接続。iPhone5以降は標準で接続のための構成プロファイルが入っている。iPhone4sではKDDIサイトからダウンロード可能。
Wi2
(KDDI系)
Wi2
(暗号なし)
Wi2_club
(WPA)
Wi2のオリジナルエリア。
他社ローミングで接続可能なのはこのSSID。
旧ライブドアは"Wi2"に吸収
※Wi2は通常Webログインですが、Wi2サイトの管理画面で
事前に端末のMACアドレスを登録しておくとログインが不要です
ただし、WM3600Rで使う場合はMACアドレス登録してるとつながりません。
(WM3600Rでの利用についてはこちらのエントリをご参照ください)
Wi2premium
(暗号なし)
Wi2premium_club
(WPA)
Wi2専用
au_WiFiとセットなことが多い
Wi2では将来的に別プランにする予定とのこと。
※2014年3月12日にプレミアムのお試し利用を3月末で終了すると発表した。プレミアム対応新料金プランは後日発表するとのこと。
wifi_square
(暗号なし)
バッファローのFREESPOTと提携し、
お店がFREESPOTルーターを設置している場所で利用可能。
Wi2ユーザーと、UQ_WiFiワイドユーザーも利用可能
UQ UQ_WiFi WiMAXのエリア補完用。
UQとUQを利用するWiMAX事業者の一部が利用可能
事前登録のみ。追加料金なし。
UQ自前の場所と、au_WiFiやWi2(Premium)共同の場合がある。
ローソン LAWSON_Wi-Fi ローソン周辺で使える。
PONTAカードがあり、AndroidやiPhoneに専用アプリを
入れれば無料で利用可能(iPhoneは提供予定)。
大抵はau_WiFiやと共同。
NTT系
NTT
コミュ
ニケー
ション
0038 ホットスポットのSSID。
単独のWiFiサービスだったが、ホットスポットサービスは終了し、
OCNのオプションサービスのみになる予定。
NTT系のサービスはNTT-BPが一括管理していて、
com/ドコモ/東西でエリアが同じ場合が多い。
ドコモ docomo(終了)
0000docomo
0001docomo
docomoWiFiと総称する下記のサービスで利用可能
1)spモード公衆無線LANサービス
→spモード端末専用。他にBlackBerry用もあり。
2)U「公衆無線LAN」コース
→MoperaUのオプション。
 別途MoperaU契約が必要(ライトでは契約不可)
 PCなどでも利用可
3)Mzone
→単独サービス。回線契約なくても契約可
 PCなどでも利用可
※WEP専用の「docomo」は廃止。
「0000docomo」は従来の「docomo」の代用で、WPA+Webログインで利用可能。
「0001docomo」はSIMカード認証(ドコモのiPhone5s/5cなど)や、802.1X認証による自動接続が可能。
NTT
東日本
FLETS-SPOT NTT東日本のフレッツスポット用。利用には、
1)フレッツスポットオプションの契約
2)PPPoEに対応した端末またはルーター(光ポータブルなど)
3)フレッツスポット対応のプロバイダとの契約
が必要。PPPoE専用のため、iPhoneなどは直接利用は不可。
(光ポータブルなどを経由した利用は可能)
プロバイダは別料金の場合は、
@Niftyなど標準料金で利用できる場合もある。
0000FLETS-SPOT お店が設置した「光ステーション」のSSID
フレッツスポットユーザーなら、
PPPoEではないのでiPhoneなどでも利用可能。
NTTBP wifine NTT-BPが提供するコンテンツ配信専用SSID
Wifineのコンテンツが利用できるが、一般サイトへは接続できない
ソフトバンク系
ソフト
バンク
モバイ
001softbank
FON
ソフトバンクに契約しているWiFi対応端末(対応プラン)で利用可能
※「FON」はFONコミュニティーのユーザーは使えない
(以前提携していたが、現在は利用不可)
本物のFONは「FON_xxxx」形式のSSID
ソフト
バンク
テレコ
mobilepoint マクドナルドなどに多く設置。
Yahoo!BB無線LANやWi2など
ローミングで利用されることが多い。
上記やソフトバンクユーザーは追加料金なしで利用可能。
ドコモなどでも使えるが、追加料金が必要。
FREESPOT
FREE
SPOT
FREESPOT FREESPOT対応のバッファロー製ルーターを
オーナーが設置することで利用可能に。
利用は簡単な登録でできる。原則無料。
ルーターによって、wifi_squareや
FON_FREE_INTERNETも一緒に提供される場合あり。
FONコミュニティ
FON FON_AP
FON_FREE_INTENET
FON_xxxx(任意)
※いずれも暗号化なし
FONユーザーが、ユーザー同士でFONルーターを相互利用するというコンセプトで、FONを設置したユーザーが、他のユーザーのFONを利用できる。
逆に他のFONユーザーに自分のFONも利用される。
海外では有料アカウントもあるが、日本では提供されていない。
FONユーザー以外に提携したサービスも一部ある。
ソフトバンクが無料配布している無線LANはこのFON。
SSIDの「FON_」以下はオーナーが変更できる。
オーナーアカウント以外に、5つまで家族アカウントが発行できる。
セキュリティ機能があり設置者の宅内LANにはアクセスできない。
「MyPlace」のSSIDは設置オーナーの宅内LAN用なので利用不可。

|

« WM3600Rと光ポータブルの違い。 | トップページ | フレッツ光ネクストのIPv6まとめ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モバイル」カテゴリの記事

コメント

私はau wifiを主に使っています
ipadではsoftbank spotが2年無料で使えるので今後はSBspotも使う予定です

wi2と似ていますが無線LAN親機は300mbps対応の高性能なものが無料で貸して貰えるので活用してます

http://pcnishiya.exp.jp/blog/?p=205

投稿: 出張pc西谷 | 2013年5月30日 (木) 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/54979311

この記事へのトラックバック一覧です: 公衆WiFiのSSIDまとめ:

« WM3600Rと光ポータブルの違い。 | トップページ | フレッツ光ネクストのIPv6まとめ »