« ひかりone解約。そしてウィルコム契約。 | トップページ | ビデオ変換500本突破 »

2009年9月23日 (水)

ubuntuをウィルコム用ルーターに

先日、ひかりoneを解約して、代替(予備)回線として、ウィルコムの新つなぎ放題を契約してきました。
今度は、このウィルコムの回線をルーター経由で外からログインしたり、Bフレッツ障害時に遅くても共有で使えるようにするのが最終目標です。

■まず最初に思いついたのは、直接ルーターにつなぐ方法。
事前に調べていたところ、IOデータのPCC-WSIMを使うと、PCMCIAスロット経由で接続でき、モデムも昔の標準モデムとして動作させられそうだということ。
これを早速購入し、手元にあったMN128SOHO Slot-inにセット。モデム初期化がうまくいかないので、事前にATコマンドでMN128にあった初期化状態を不揮発メモリにかきこんでみて、不安定(つながったりつながらなかったり)ながら、とりあえずダイアルアップ接続できました、が異常に遅い。計測すると、下り13kbpsとか恐ろしい数字が。
もう1台、APRS-11にセット。こちらは回線接続はするものの、認証できず回線が切れます。

ちなみに、同じPCでPCC-WSIM経由とNS001U経由でそれぞれ計測してみたところ(さすがに13kbpsってことはないですが)どうもPCC-WSIMの方が下りが1~2割ぐらい遅い感じでした(あくまで個人的な調査結果ですが)

PCC-WSIMって7千円ぐらいしたんですが、無駄になりました(涙)

■結局、Linuxをルーターにする当初の案を続行
事前に、テスト用に使っていたubuntu(デスクトップ日本語remix)ではpppconfigでNS001Uが使えたので、あとはNAT関連がなんとかなれば、というレベルでした。
pppconfigがubuntuで標準で使えたのと、新しいディストリビューションもいいかな?と思って、今回はubuntuを入れてみることにしました。
LinuxでNATルーター作ったことなかったのと、今まではRedhatとかCentOSしかつかっていなかったので、設定関係がちょっと違っていたので戸惑いましたが、よくある設定なので、情報がなんとか集まりました。

今回専用マシンとして、液晶が壊れてしまったソニーVAIO SRX7にubuntu9.04serverを、まずはインストールしました(スペックはPentium3 800M/384MBに増設/30GB-HDD。インストールで追加は特になし)。古いマシンだからか、特に問題なく、オンボードLANやキーボードなど普通に認識できました(無線LANも自動認識しますが、壊れているので使っていません)。

インストール後、まずNS001Uのダイアルアップ設定。
pppconfigで設定を作ります。NS001Uのドライバは不要で自動認識されますが、デバイスは「/dev/ttyACM0」になります。

ubuntuのネットワークまわりとNATの設定は、下記のサイトを参考にさせていただきました。
practice input output
とて日記
Linuxに使われる日々

natもうまくいき、別のマシンからウィルコム経由でインターネットが利用できることを確認。また、iptableで外からの接続もsshのみ許可としました。
あとは、自作で回線切断時に自動的にponするcron用perlスクリプトを自作。

■stoneのインストール
Bフレッツが使えないときに、ウィルコム回線経由で中のサーバに直接SSH接続できるよう、stoneでリバースプロキシを構築。apt-getでインストールできないようなので、ソースを拾ってきてmake(というかmakeとgccもapt-getで入れないといけないのですね)してみるが、エラー。どうもMakefileの修正が必要な模様。参考は下記のサイト。
Linuxで自宅サーバ構築(新森からの雑記)
iptableでポートを空けて、外のサーバから接続を確認しました。

■DDNSの利用
Bフレッツ側のi-revoは固定IPだし、@NiftyはロケフリのDDNSを使っているので、気にしてませんでしたが、今回の回線はサーバがルーターなのでヤマハのネットボランチDNSとかも使えない。

ということで、はじめてDDNSを使って見ることにしました。

ウィルコム側も@Niftyなので、@NiftyのDDNSサービス(月額210円)を申し込んでしまったのが失敗でした。
更新用ツールとして、定番のDiCEを入れて設定したが、何度やってもサーバ側の接続エラー。
どうも登録できるIPアドレスが、@Niftyの、しかもブロードバンド回線に限られているようなのです。

結局、ieServerの無料DDNSサービスを使わせていただくことにしました(はじめからこちらにしてばよかった!)

DiCEの設定はこちらを参考にさせていただきました。
Homeserver on Vine Linux
DiCE for Linuxで@nifty のダイナミックDNSを使う


なんとか意図どおりに動いていそうなので、これでしばらく様子見をしてみます!

|

« ひかりone解約。そしてウィルコム契約。 | トップページ | ビデオ変換500本突破 »

Bluetooth」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/46284716

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntuをウィルコム用ルーターに:

« ひかりone解約。そしてウィルコム契約。 | トップページ | ビデオ変換500本突破 »