« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月20日 (月)

古いビデオを絶賛保存中。

家に保存されている大量のベータマックスビデオテープを、場所確保とデジタル化保存のために、順次DVD化しとりますが、途中お休みしていた期間はあるものの、現在150本ほど変換できました。


Dvc00041


最初のころはPCに取り込んでチャプタ打ったり、いろいろやっていたのですが、

・あまりにも本数が多いので、手間がかかりすぎる
(内容はデジタル化してからだとプレビューしやすい)
・PCからキャプチャする段階で、特に古いテープで同期信号が不安定(劣化してトラッキングがあわなくなってしまった、など)だったり、録画のつなぎ目部分などでキャプチャが停止したり、音ズレが発生する場合がある

といった理由で、ベータデッキ(主にSL-2100)とDVDレコーダ(スゴ録RDR-GX7)を直結してそのままダビングして放置することにしました!(一番シンプルな手順ですが)

スゴ録のDVDドライブがそろそろダメなのか、たまーにファイナライズ失敗してディスクがダメになってしまうのですが、トレイからブロアーで掃除するとなんとか使えるようなので、だましだまし使ってます。

ベータはもう1台、EDV-9000もあるので2台同時ってのも考えたのですが、テープ入れ替えの手間が1人だと間に合わないとか、今さらアナログのレコーダー買うのどうなの?ってのもあったり、ブルーレイ買うのはちょっと懐具合にも厳しいとか、まだ踏み出せません...なのでDVDレコーダが動く間はこの構成でがんばります。

ダビングは放置プレイなので、その間にEDV-9000でこれからダビングするテープを事前にチェックします。

風通しのため、一旦最後まで送って、再び巻き戻します(一部巻き戻しされてないままのテープもあるので)。ベータの場合、ローディングしたまま巻き戻し・早送りをする仕様ので、再生しなくてもリニアタイムカウンタで、実に録画されているおおよその時間がわかります。これをメモって置いて、ダビングの際にDVDの録画モードを設定します。

RX7の録画モードは、60分/90分/120分/180分/240分/360分から選べます(初期のデッキなので片面1層のみ対応)。ベータの最長録画時間は、L830テープの長時間(βIII)モードで300分です。実際にはテープに余裕があるので、数分ほど長いものもあります。当時「これは保存版だ!」と思ったのは標準(βII)で録画しているのもあり、βIIIの2/3の記録時間になります。
テープは殆どがL500(βIIで120分/βIIIで180分)、あるいはL750(180分/240分)です。

360分のモードだとL830でも余裕で入りますが、フィールド数が半分に(通常、日本のテレビは秒間59.94枚の画像で構成されているが、データ量削減のため、コマ数が半分になり、普通の番組でも映画のような感じに見える)なってしまうので、なるべく使いたくないです。

原則、テープ1本をDVD1枚という考えですが、240分モードを上限として、超える分は短いテープと組み合わせ、2本とうまく2枚のDVDに分けて記録するようにしてます。そのためにも、事前に録画されている時間が目安になります。

あとは、寝る前・出勤前・帰宅後にそれぞれテープ/DVD交換とダビング開始をしています。
まだβテープだけでも1/4が終わったというところ。テープは一部を除き破棄しています。

アナログからデジタルにするには、どうしても調整や実時間のコピーが必要になります。
しか、一旦DVD化すれば、デジタル化されたわけですから、将来的に大容量のハードディスクに入れるなり、ブルーレイに移して枚数を減らすなり、別なコーデックに変換してさらに容量を小さくするなり、高速な処理もやりやすくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

Simplify Mediaを入れてみた

最近、Simplify Mediaを入れました。

というか、以前から入れていたのですが、なかなか設定するの放置してましたが、やっと使えました。

Simplify Mediaは、マシンに入っている音楽データをストリーミング形式で、他のマシンから再生できるツールです。

Windows/MacOS/Linuxと対応OSが広いだけでなく、iPhone対応アプリでも3G/WiFi経由で聞くことができます(iPhoneアプリは有料)。

実際に、家のVista上のiTune楽曲を、会社のiMac(intel Core2Extreme/MacOSX-Leopard)上のiTuneで聞けるように設定しみました。

アプリをインストール後、公開する側、聞く側それぞれアカウントをつくります(アプリ上から可)。
公開側では、公開する曲を登録します(iTunesやWinampを使っている場合は、それらのプレイリスト単位で公開曲を選択することもできます)

あとは、聞く側のスクリーンネーム(アカウント名)を公開する側でinviteすればOKです(inviteは30アカウントまで可)

設定後、Mac側iTunesを起動すると、左の一覧に共有マシンが現れ、▼をクリックすると、共有したプレイリストも出てきます。

ストリーミングなので、楽曲の保存はできません。また、プレイリストも編集はできません。
ただ、再生については、今回の環境(自宅も会社もBフレッツ)の場合、ローカルと殆ど変わらないレスポンスで聞けました。待ち時間も殆どありません。ただ、たまーにブツブツブツ・・・というノイズが入る場合と、しばらく聞いていると、再生が止まる場合がありました(停止して再生すると直る。ルーターのセッションタイマーとかの兼ね合いかも)
回線も含めて決まった環境なら、かなりいけますね。

あとは、iPhoneアプリ版ですが、こちらはWiFiだけでなく、3Gでも再生することが出来ます(ちなみに別回線からだけでなく、同じプライベートアドレス内の無線LAN内でも動作しました)。

ただし、最初のプレイリストUpdateには、曲数に応じて時間がかかります。

再生時、リストが最初空欄なので戸惑いますが、しばらく待っているとタイトルが出てきます(毎回受信しているようです)。

音質も、回線状況によってはオリジナルより落ちるようです。バッファリング時間もPCよりちょっと長めです。それと、iPhoneの仕様ですが、iPodのプレーヤーと違い、ホームに戻るとプレーヤーが終了してしまい、再生も停止してしまいます。

本体の容量の制限なく再生できるメリットはありますが、まったく内蔵とは同じにはならないので、使い方はいろいろ検討したほうがよさそうですね。

1つ面白いな、と思ったのは、Last.fmとの連携機能。聞いた曲の情報を送信するだけでなく、再生中にアーティスト情報や場合によっては歌詞が見られます。邦楽・洋楽問わず殆どのアーティストの写真が出て、かなり詳しく説明が付いているアーティストもいますね(中には日本人に英語の説明がある場合もありますが)これ見てるだけでも楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

twitterをはじめた

以前からアカウントは取っていたのですが、当時はiPodTouchだったのでいつでも書ける感じでもなかったし(携帯用のサイトもしっくりくるものが見つけられなかった)あまり興味もなかったんですが、最近、@iphonefanとか読むの面白くて、iPhoneになって更新もしやすくなったので、ブログのサイドバーに貼ってみました。

iPhoneではiTwetterを使っています。@iphonefanで話題に出ていて、無料の時に買いました(今は有料になっちゃいましたけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

Wi2を使ってみた

Wi2という公衆無線LANサービスに申し込みをして、使ってみました。

Wi2は、月額従量プランだと、通常は月額105円~最大980円(0.0015円/パケット)なのですが、キャンペーン期間中(2009年7月末まで)に入会すると、月額0円~最大490円で(しかもキャンペーン終了後もずっと!)利用できるということなので、申し込みしてみました。

Wi2のエリアは東京・丸の内の一部や、関東のリムジンバス内、横浜の一部の屋外など。
ローミングは同じ料金で、ライブドアとYahooBBのアクセスポイントが使えます。

札幌在住の私が使えるのは、YahooBB(ほとんどマクドナルドですが)ぐらいですね。実際に今、さっぽろ地下街オーロラタウンのマクドナルドでこの記事書いてますw
ここは、YahooBBが使えて、コンセント付きのカウンターもあるので、今もノートPC使ってる人が数人いますよ。

それよりも、いつのまにかマックでiDとEdyが使えるようになっていたのが驚き!

いままでYahooで直接YahooBB無線LANを登録してました。プレミア会員なので月額210円ですが、利用頻度が低かったのでWi2のみにして、そっちは解約しようかと思います。

東京出張したら重宝しそうですね(今後あるかわかんないけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

Jabra BT3030を購入♪

JabraのBT3030というBluetoothレシーバーを購入しました。
Dvc00022

左がBT3030、右はサイズ比較用のソニーDR-BT25NXです。

デザインや操作性、首からかけられる大きさが気に入っていて、前の20NXから今の25NXまでずっと使っていたのですが、断線で有償修理交換後、3回ほど動作不良で交換してもらっているうちに、あたりが悪いのか、他のレシーバーより音が悪いようなのです。くなったようです(当たりが悪い気がします)。

ヘッドホンは単体でも実売4~5千円クラスだと思われるのですが、レシーバー部分の相性が悪いのか、音が歪む感じだったり、MP3やAACの劣化の度合いが強調される感じでした。久々にワイヤレスイヤホンセットP01(ドコモ純正レシーバ)で聞いてみたら、そちらの方がノイズが少なかったんです。

ただ、P01も電池の持ちがあまりよくない(FOMAの充電器で充電できるのは良いのですが)のと、通話がハンズフリープロファイル(HFP)専用(FOMAってヘッドセットプロファイル(HSP)のほうが操作しやすい)こともあって、次の候補を探していました。

んで、ちょうど利用環境も変わってきて、通話はFOMAだけだったのが、iPhoneでタダとも着信もふえてきたため、特に運転中のことも考えると同時待受できるものがほしくなりました。

調べてみると、複数ペアリングを切り替えられるレシーバーは多いものの、同時に2台の携帯の待受ができるレシーバーってまだ少ないようです。いろいろ探して見つけたのは、PlantronicsJabraぐらい。

Plantronicsのは、どちらかというと通話重視の方耳タイプが殆どでしかもお高め(1万円ぐらいから)。
後から、Jabraを見つけて、こちらはちょっとお安め。
デザインや機能、価格などいろいろ検討して、JabraのBT3030に決めました。

このレシーバーは、A2DP(音楽)+HSP/HFP(ケータイ)の待受か、HSP/HFP(ケータイ)2台の待受のどちらかになります。
音楽と携帯の待受は、25NXでもできました。たとえばBluetoothの送信機がついたiPodで音楽を聴いている途中に、携帯の方が着信したら、自動的に電話に切り替わる、ということはできたのです。

実際の使用で考えると、レシーバーで音楽を聴いているのは歩いたり電車で移動しているときで、歩いているときに着信してもポケットからすぐに携帯を出して対応できます。
逆に車に乗っているときは、音楽をレシーバーで聴くことはなく、着信に対応するにはレシーバーで対応する必要があります。

その他、サイズが小さくペンダント形であること、好きなヘッドホンが使えること、miniUSBで充電できることがポイントでした。

購入は、価格.comで一番安かったいーでじ!本店で、6,290円で購入。在庫切れのため、2週間ほど待ちましたが、やっと到着。充電後、早速試してみました。

テストした端末は、FOMA SH-04Aと、iPhone 3G(OS3.0/16G)です。

ペアリングは電源OFFの状態から、通話ボタンを4秒長押し(ロゴがピンクに光る)です。パスキーは「0000」。
2台を登録し待受状態にした後、それぞれ電話してみたら、無事にどちらの着信も受けることができました!
ちなみに、SH-04Aは着信音がヘッドホンから聞こえますが、iPhoneはレシーバー内蔵のピロピロ~という音です。

さらにうれしい誤算。事前の調査では「A2DP+HSP(HFP)」または(HSP(HFP)×2台待受」となっていたのですが、実際には、ケータイのように「A2DP」と「HSP(HFP)」に両方している端末は1台としかカウントされないようです。
つまり、上の例では、SH-04AかiPhone(OS3.0なのでA2DPに対応)のどちらかで音楽を聴いている状態でも、2台とちらの着信も反応しました(他の端末では異なる場合もあるかもしれませんが)。

ただし、外付のBluetooth発信機は、それが「1台」とカウントされてしまうため、その場合は、他に1台の携帯しか待受できませんでした。

普段、iPhoneの音楽再生にはbluetribeのSBT01を使っています。iPhone単体でもA2DPで音楽再生できるんですが、残念ながら選曲ができないのです(再生停止・開始のみしか操作が出来ない)。

でも、内蔵の方が良いに決まっているので、できればOSアップデートで操作に対応してほしいですね。

あとは、付属のヘッドホンが意外と音質が好みでした。これもあわせてしばらく使ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »