« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月27日 (土)

WMWifiRouterをアップデート

S21HTの動作がおかしくなってしまったので、初期化するついでに、WindowsMobile端末をミニ無線ルーターにするソフト「WMWifiRouter」がアップデートされていたので、新しいバージョンを落として入れてみました。

詳しくは、伊藤浩一さんのW-ZERO3応援団に紹介されています。

前使っていたバージョンからの改善点は、

・日本語対応!
・無線LAN以外に、Bluetooth(PAN)やUSBでの共有にも対応
・USB経由で、WM機を無線LANクライアントとして使うことができる
・GUIの改善、安定性の改善、などなど

です。

以前は、ほとんどiPodTouch専用で使っていたのですが、
・iPodTouchと交換で、iPhoneにしてもらたら、最初はほとんど使わなくなった。が、iPhoneの爆発的普及?でソフトバンク回線が重いときに変わりに使える
・iPodTouchが戻ってきた\(^o^)/
・仕事用LOOX-U(NB50U)は、ドコモWANモジュール内蔵で、データ定額を使っているものの、イーモバイルの方が快適な場合があったり
なんてことがあって、また使うようになりました。

Bluetooth PANについては、もともとWM6の「インターネット共有」でできていたのと、複数で使うことがないので、まだ使っていません。

無線LANアダプタ代わりに使うやつは、まさに今使っています!
今、この文章は、VAIO N505SR(PentiumII 450M/128MB/XP Home)で書いてます。なにせメモリがMAXで128MBなので快適ではないのですが、キーボードが打ちやすいので、たまーに使ってます。
んで、ここの無線LAN(AirStation)を使おうと思って、手持ちのGW-USMicroNを設定したものの、どうも相性が悪いようで通信ができません。

そこで、S21HTを無線LANカードがわりにしてみたところ、うまく使えるようになりました!

使うための手順はこんな感じ。
・ホストPCにはActiveSync(XP)またはMobileデバイスセンター(Vista)を入れておく。
→USB経由でWMの「インターネット共有」を使う場合と同じ
・S21HTは、使いたいアクセスポイントが使えるように、事前に接続設定(Wifi)をしておく。
・WMWifiRouterで「Wifi→USB」を実行

ちなみに、前のバージョンでは、WifiRouterの「force ad-hoc only」がチェックされていると、普通にS21HTで無線LANのアクセスポイントを使うことができなくて、いちいちチェックを入れたりはずしたりしていたんですが、今は自動的に変更されるようです(うちの環境だけだったかも)

あと、Bluetooth対応のFOMA/au WIN端末経由でS21HTから定額(上限つき)ダイアルアップ接続できるようにした上で、WifiRouterからせ津族してみると、接続はするものの、1分ぐらいで切れてしまいました。どうもBluetoothとWifiの同時使用は難しいようです。
これができるとイーモバイル圏外でも使えると思ったのに。残念。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

でちゃったiPhone3GS

iPhone3GSが出ましたね。

実はデベロッパ登録しているので、iPhoneアプリを作ったりしているのですが、3GSと3Gの処理速度差がかなりありますね。

パソコンと同じく、メインの処理のCPUと、画像処理系担当のGPUが乗っている訳ですが、CPUは体感できるぐらい早い。

3GSが出る前にOSが3.0になり、手持ちのiPhone3G(16G)とiPodTouch(2nd/32G)をアップデートしてみましたが、やっぱり何をするにも「表示がもたる」「待ち時間が長い」など「3GS買わせるための嫌がらせ?」っていう気がしてしょうがないです。

機能が大幅に増えていることに関連して、バグっぽい誤動作も見受けられるので、私的には、すぐマイナーアップデートが出るんじゃないかと思ってます。

で、iPhone3GとiPodTouchでOS3.0を比較しても、ちょっとだけCPUが早いiPodTouchの方がやっぱり快適です。同じiTuneでシンクして同じアプリをいれ、曲に関してはiPhoneが容量の関係で約6000曲に削っているのもiPodには10000曲以上入れても、プレーヤー関係はそんなに不快じゃないですね(iPhoneは6割しか曲数ないのに重い)
このあたりは、検索機能に関連してそうですね。

会社でも3GSを1台調達してますが、速度以外については、まだピンときてません。
コンパスとか動画とか、それらの機能を使うアプリを作るときに考えます。

ちなみに、音声コントロールは使い物にならないようですw(誤認識したまま勝手に電話番号に発信したり!)

あ、でも単純に32Gはほしいかもw でもひと段落するまで様子見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また1ヶ月たっちゃった。W63CAのその後

また1ヶ月経ってしまいました。

さて、「カメラのピントがうまく合わない」ということで修理していたW63CAですが、「再現なし」で戻ってきてしましました。

で、auショップの方と相談したところ、検査内容は出荷時と同じものだったそうですが、メーカーと掛け合ってくれて、メーカーでさらに詳細なテストをしてもらえるとのことで、再度修理をお願いしました。

ちなみに、代替機は最初は同じカシオのW61CAだったのですが、別の機種を貸してもらえるとのことで、カメラ重視ということで、W61Sを貸してくれました。

確かに、W63CAよりきれいに撮れる気がしたりして(汗)
でも本体が(W63CAより)分厚いし、デザインも気に入っていたので、やっぱりW63CAの方がいいです。

そして戻ってきましたが、やっぱり不具合再現なし、ということでカメラ部分の基板交換で帰ってきました。

なんとなくショップの実機と写りが違うしていた気がしていた(だからショップでも修理扱いしてくれた)のですが、ショップの対応も不満はないですし、メーカーがそういっている以上、「もともとこういうものだ」と納得しました。なにか撮り方にコツがあるんでしょうね。

ちなみに、FeriCa関係はリセットされていましたが、内部データ(着メロ、着うた、待ちうけ、メール、ナカチェンなど)はすべて元通りでした。故障でデータが吸い出せない場合でなければ、復旧できるようですね。


つくづく思うんですけど、ショップの対応ってすごく重要ですよ。今回は違いますが、仮に端末に問題あっても、初期対応次第で印象かわりますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »