« 自分の携帯史(1) | トップページ | »

2009年4月11日 (土)

自分の携帯史(2)

大学時代は時間も比較的自由に取れたので、いろいろ遊んでましたね。
DDIポケットやアステルショップの店員さんと仲良くなって、いろいろおしえてもらったり。
ショップが圏外で開通テストが店で行えないっていうグチとか(笑)

PHSは重大事件が発生。横断歩道をダッシュしたら、202Sが落下。気づいて振り向いた瞬間にイヤな音が。
そのときのレポートが、インプレスWatchザ・クラッシュに残ってました(汗)
これ、たしかリコーのDC-1というデジカメを借りて撮った覚えが。ちなみに30万画素(VGAぐらい)ですよ!

この頃、ドコモの料金プランで「ドニーチョ」ってのがありました。
当時は平日昼間が一番通話料が高く、土日や夜間が安かったんですが、その安い時間帯しか「使えない」かわりに「基本料が半額(PHSと同額)」というプランでした。
当時、PHSを持っていたので、このプランでSO101を契約。平日の大学と土日のお出かけで使い分けできてました。
このときのドコモの回線が、今のメイン回線です。契約期間も10年以上なので「ファミ割MAX」とか使わなくてもMAXですw

アステルもドコモのPHSを持ち込み契約したりしてみました。たまーにフリーズしたりしてましたが、なんかそんなばっかりですね(汗)
そんなこともあり、大学の卒論もラッキーなことに、PHSを使ったリモート監視システムになりました。もともと生体工学の研究室なのですが、プログラム書ける人を探してたそうなんでw

そーいや私はポケベル持ったことないんですよ。同世代では大学ぐらいから普及しはじめた感じ。でも私はいきなりケータイやPHS持っちゃったんで、持つ機会を失ってしまいました。

DDIポケットもあまり興味がなかったんですが、H”やらコンテンツ対応やら出始めたので持ってみました。最初の機種は壊れて(外傷ないのに電源が入らなくなって)しまったのですが、後の機種は、ドコモやアステルも同じく、イエ電子機として活躍しています。イマ風に言うと、VoIP端末です(といってもGW経由で電話機の代わりなだけですが)
後に、PDAやデータ通信用として活躍してくれましたが、現在(2009年4月)は回線がなくなってしまいました。

一番激動的なのは、現ソフトバンクモバイルでしょうか。
東名阪が「ツーカー」「デジタルホン」だったのに対し、北海道などそれ以外の地域は合体した「デジタルツーカー」としてスタートしました。その後、ツーカーが抜けてデジタルホンと一緒に「J-PHONE」になり、外資系「ボーダフォン」からそんだフォンこと「ソフトバンクモバイル」に。
ソフトバンクになってからは、特にホワイトプランやらiPhoneやらが話題に上りますが、確かに先進的なことをやっていますよね。

たとえばCA3はパイオニア製の前面液晶タッチパネル端末でした。カラーではないものの、当時スタートしたばかりの「SkyWalker」という384バイトのインターネットメールが定額で受信し放題というサービスと組み合わせて、社会人になったばかり(しかもネットワーク担当)の私はかなり使ってました。たまたま当時在籍していた会社が当時としては珍しい(だって高かったんだもん)128kbps専用線を引いていて、管理者の立場としてサーバも好きに設置できたこともあって、いろいろ遊んでました。
iモードが出るはるか前にそれをやっていたのは、やっぱりすごいですよね。今のSH-04なりiPhoneなりの基礎みたいなもんですから。

それに、J-SH04(なんとなく最近のFOMAっぽいですね)は、これが「写メール」第1号。画素は低かったものの、手軽に撮影でき、メールで送れる。今は普通の機能になりました。というより、キャリアを超えて「写メール」が写真添付メールの通称になったことがその証ですね。

(ちなみに、「写メール」はソフトバンクモバイルの商標ですが、「着メロ」もアステル(現YOZAN)の商標です。「ウォークマン」がソニーの商標なのに、オーディオプレーヤーの代名詞なのと同じですね。ちなみに「着うた」や「着うたフル」はソニーミュージックの商標なのでどのキャリアでも使えますが、「おサイフケータイ」と「デコメール」はドコモの商標で、おサイフケータイは普及のためドコモが各社に使用許可してます)

iモードがスタートしてからは、FOMAがメインになるぐらいまで、ほぼ世代ごとに購入してました。もうこの頃は趣味より仕事って感じになってきてますね。900以降は買う速度がかなり落ちましたが。

初めて買ったFOMAはP2102V。悪くはなかったんですが、FOMA自体のエリア整備がまだまだだったので、N505iで一旦movaに戻し、F900iTから再びFOMAになり、現在に至ります。

au端末もcdmaOneになってからは、継続して使ってます。C201H(初のEZweb端末、でもパケットじゃない)が最初。音がすごく良かったのを覚えてます。以降、パケット対応になって、一時はPC接続でも活躍してました。

ソフトバンクは個人では今は持っていません。ただ仕事で必要なので、815SHとiPhone(iPodTouchと入れ替え)を持ち歩いています。

そして、イーモバイル。入院時に購入したプリペイドと、iPodTouch用の回線(?)として購入したTOUCH DIAMONDことS21HT(iPhoneにしたので、ちょっと活躍が減ってるかも)。エリア内では利用状況が良いので、エリア拡充が望まれますね。

あとは来年来るらしいUQとか、楽しみですね。

|

« 自分の携帯史(1) | トップページ | »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/44637130

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の携帯史(2):

« 自分の携帯史(1) | トップページ | »