« VMware Server | トップページ | 2in1の契約をしてみる »

2009年1月30日 (金)

ひーーー

ファイル&雑用係のXPマシンのHDDをRAIDカード+ATA-HDD×4(RAID1×2)から、SATAの500GB×2(SATAはマザーオンボードのやつ。ミラーリングではなく定期的にバックアップする方向に変えた)。

ところが、バックアップや大量のファイルコピーをするとエラーでSATAドライブが落ちる(書き込みエラーとか、ドライブがはずされたとかのイベントログが残る)。どうも、日立のSATA-HDDとSATAインターフェイスの相性によって、高負荷状態になると一部のコマンドがタイムアウトになる場合があるらしい。

とりあえず、日立のHDDは設定変更ツールでパラメータが調整できるので、転送レートを下げてみる(3Gbps→1.5Gbps)ことにした。

日立のサイトからツールを落とし、つながってなかったフロッピードライブをつないで起動しようと言々を入れた瞬間.....

FDドライブの電源ケーブルの根元が閃光を発し、数秒後にものすごい白煙が!

あわてて電源をケーブルを引っこ抜き、窓を開けました。電源ユニットから出ている電源ケーブルのうちの1本で、途中にHDDやDVDドライブなどをつなぐ4Pコネクタが複数ついており、末端にFDD用の電源コネクタがついているケーブルで、末端のFDD用電源コネクタと4Pコネクタの間のリード線がショートにより電気ストーブ状態になった模様。

とりあえずその部分だけが発熱していたようだったので、切り取ってみました。そこから根元までは外観の損傷は見られず。

Nec_0029

外側の網目状のシールドは解け、一番ひどいケーブルは溶けて銅線がむき出しです。

その後、恐る恐る電源を入れてみると、何事もなかったように起動してくれました。電源やマザー、CPU、各HDDにも影響はなかったようです。ほっと一安心。

HDDツールは臨時にDVDドライブをつないでCDROMから起動、設定を変更し、今はとりあえず安定して動いているようです。

|

« VMware Server | トップページ | 2in1の契約をしてみる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/43640846

この記事へのトラックバック一覧です: ひーーー:

« VMware Server | トップページ | 2in1の契約をしてみる »