« USBデバイスサーバ | トップページ | N906iLをSIP端末として使う 改善編 »

2008年11月27日 (木)

ホームUについてまとめ

なんだか、このブログの検索ワード1位2位が「ホームU」「N906iL」ですね。それ以下は殆どAsterisk関連。N906iLは両方に関係するので、殆どVoIP関連ですな(^-^;

多分、あんまり使ってる人の情報が無いんでしょうね。ってことで、気づいた情報まとめ。

・2008年11月現在、BフレッツまたはフレッツADSL専用(アッカが対応するとかしないとか言っている)

・フレッツの場合、ホームU専用にPPPoEを1セッション使う。ホームUの通信しか出来ないので、インターネット接続や、フレッツスクエアを利用したい場合は、別セッションでPPPoE接続が必要。

・ホームUで使うIPアドレス帯域(使うアドレスはグローバルアドレス)のルーティングを設定する必要がある。ホームUが使う帯域はiモードから確認可能。

・ホームUの通信でNATを併用しても問題ないようです(パケットキャプチャしてないけど、通話もiモードもホームU経由で利用できるので、VPNかなんかしてるんでしょう)

・1つの回線につき、条件がよければ複数台で同時にホームU端末が利用できる。使える台数は、ドコモのホームU回線計測サイトで調べられる。

・iモードサイトから、端末側の初期設定が出来る。無線LANアクセスポイントの設定、及びN906iLの無線LAN設定は、ホームUの設定ツールから設定可能(N906iLとUSB接続)。ツールを使わない場合は、N906iLの無線LAN設定を手動で行うことも可能。

・N906iLは、IEEE802.11g/bのほか、11a(W52/W53)にも対応。暗号化はWEP、802.1x、WPA(PSKも可)、WPA2(PSKも可)に対応。

・標準では、050番号が1つつく。ホームU経由での発着信は050番号になる(通知も050番号)。通話料金は、通常の通話料(契約プランによる)の3割引(ゆうゆうコールと同じ。ただしホームUからの発信時はゆうゆうコールは適用されない)

・ホームU端末同士でかつホームU圏内から、050番号通話の場合は、通話料は無料。

・ホームU圏外で050番号着信の時は「おかけになった番号は電波の届かないところにあるか、電源が入っていないため、かかりません」になる。

・契約した050番号は、MENU→0で確認できる

・「ワンナンバー」有料オプションを付けると、ホームU発信時の通知番号が090/080番号になります。通話料は050と同じ。また、ホームU圏内で着信時、090/080番号の着信も可能になる。ホームUで圏内同士なら、090/080番号でも通話無料。050番号の着信も可能。

・「ワンナンバー」未契約時の090/080番号での着信、またマルチナンバー追加番号での着信は、ホームU圏内でもFOMAでの着信になる。

・メロディーコール契約している場合(090/080番号着信時に)ホームU圏内での着信ではメロディはならない。ホームU圏外(FOMAでの着信)では鳴る。

・ホームU圏内では、iモード通信(ブラウズ、メール送受信、リクエスト/フリー、iチャネルなど)は全てホームU経由になる。この場合はパケット料金が発生しない

・ホームU通信かFOMA経由かは、無線LANのアイコンで識別する。ホームU経由の場合は、無線LANのアンテナ表示の横の「家のアイコン」が点滅する。

・無線LAN圏内・圏外は自動で切り替わるが、屋外ではFOMA専用にしておくこともできる。待受画面では、ch(iチャネル)キー長押しで切替画面表示。

・無線LAN圏内でなかなか拾ってくれないときは強制的に探させることが可能。待受画面で決定キー(ニューロポインタ)長押し。

あとは気づいたら追加していくです。

|

« USBデバイスサーバ | トップページ | N906iLをSIP端末として使う 改善編 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/43245277

この記事へのトラックバック一覧です: ホームUについてまとめ:

« USBデバイスサーバ | トップページ | N906iLをSIP端末として使う 改善編 »