« iPodTouchってやつは.... | トップページ | 今度は胃の検査だ! »

2008年11月20日 (木)

大腸検査してみた。

糖尿とは直接関係ないが、入院できる機会がめったいにないので、オプションで大腸と胃の内視鏡検査をお願いした。

今日は、大腸検査。これがおもったいより大がかり。大腸を見るために中をきれいに(つまり、便をすべて排出)しなければならないのです。

準備は前日から。検査日前日は、朝食と昼食がお粥+味噌汁(お昼にはカロリー調整のためか、ビスコとソフトクッキーさつまいも味?、グミみたいなゼリー、ジュース2杯が付いた。お菓子はグリコの病院用のパッケージだった)、夜になるとスープ(ジャガイモのスープみたいだった、固形物は一切なし)1杯のみ。そして寝る前に下剤を飲んだ(水に混ぜて飲むタイプ)。下剤を自分から飲むのってなんか勇気がいるね。

そして検査当日。検査が午前中だったので、朝5時から2時間かけて2Lの水薬(レモンの香りがついているが、ちょっと苦味があって自分はつらかった)を飲む。飲んでいるうちにトイレ行きたくなって、全部出てきます。最後は水だけ状態。そして、水しか出なくなったのを(排泄物を)看護師さんに確認してもらいます。ひどい下痢だけど腹痛がない感じ?

最後、お尻のところに穴があいているパンツ(通常の男性用トランクスを逆にはいた感じ)をはいて検査室へ。腸の動きを抑える筋肉注射をし、肛門にゼリーを塗られて、最初ちょっと違和感あるけど、カメラをどんどん奥に入れられている感じがわかりません。ただ、空気を入れながら進むのでおなかがすごく張ります(ほんのちょっと痛い感じがしました。私は)

検査中はずっと自分もモニターで見てました。ちなみに内視鏡カメラってRGB時分割なのかしら。DLPプロジェクタみたいに、眼を動かすと虹が見えるから。

自分にはひだひだの管にしか見えませんでしたが、先生に説明を聞きながら盲腸付近(小腸とのつなぎ目)ぐらいのところまで行って、直腸から出るまで見せてもらいました。特にポリープやデキモノ類はないとのことでした。

あとは戻って着替えておしまい。空気が入っていたので、多少おならがでます。でも、昼食にはおなかの調子も戻っていました。トイレの様子からみてそこはさすがだなぁと思った。

入院中には、動脈硬化、眼底出血、狭心症、内臓脂肪(CTやエコー)なども検査してもらいましたが、右目眼底で以前に出血があった形跡がみられるものの、他は異常ないとのこと。ただし、極度の運動不足って言われました(汗)。また、皮下脂肪になりやすいタイプらしく、思ったより内臓脂肪は少なかったそうです。でも、皮下脂肪の方が運動で落としにくいそうで(涙)。あとは、血管の固さが20歳代前半だそうですw

最後は、明日の胃の内視鏡検査。昔からの太いカメラの「口からタイプ」と最新の細いカメラの「鼻からタイプ」を選べるのですが、すかさず鼻からタイプにしました。そちらは朝9時から食事・水を我慢すればよいだけで、朝食も食べられるそうです。そして明後日退院予定。
[訂正]夜9時から飲食禁止でした!

やっぱり大腸検査が一番キツかった。

|

« iPodTouchってやつは.... | トップページ | 今度は胃の検査だ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/43172662

この記事へのトラックバック一覧です: 大腸検査してみた。:

« iPodTouchってやつは.... | トップページ | 今度は胃の検査だ! »