« ナッチャンRera/Worldに乗ってきた | トップページ | DoCopyでおサイフケータイをひっこしてみた。 »

2008年11月 2日 (日)

onefone(N906iL)を使ってみた。

先日、ドコモの「ホームUモニター」に当選に、青森に行っている間にモニターセットが届いていました。

内容は、N906iL(シルバー)の本体+バッテリーと、Planexのブロードバンド無線ルーター(11nドラフト2.0/g/b対応のもの)と、ホームUの説明書類、借用書などです。

3月末までがモニター期間で、それ以降は特別価格で買い取りができるとかなんとか(ブロードバンドルーターは特に書いてなかったなぁ。N906iLはVoIP端末として使えるので、値段によりますが買い取り希望)

ホームUは、ブロードバンド回線(現在対応しているのはBフレッツかフレッツADSL)と、対応無線ルーター(ドコモではこれを「ホームアンテナ」と呼んでいる)が必要。なお、回線速度によって1~6台の端末が同時使用可能とのこと。使用台数はドコモのスピードテストサイトで計測可能で、うちの場合(Bフレッツハイパーファミリー)では「5台」と出ました。

こちらで調べた技術条件はこんな感じです。
・ルーターはPPPoEであれば良いらしいが、ホームU専用にPPPoEを1セッション使う。
・ただし、この接続はホームU専用のため、インターネット接続は、別のセッションが必要。うちは追加セッション(+2)していたため、@Nifty+BB.Excite+フレッツスクエア+ホームUの4セッションを使用中。
・同じルーターでプロバイダとホームU接続を併用する場合、ホームUで使うグローバルアドレス(クラスC)のルーティングだけを、そのセッションを経由に流れるように設定する必要がある。PPPoEアカウントおよびルーティングが必要なグローバルアドレスは、ホーム契約しているiモード端末から、専用サイトで確認が可能。
・無線LANは、N906iLについては、11a/g/bに対応している。
・端末側のアカウント設定は、先ほどの設定サイトで自動設定が可能。ただし、無線LAN設定(SSID、暗号化設定など)は、メニューから自動設定された内容を変更して設定する。
・ただし、対応ホームアンテナの場合、専用ツールでホームアンテナの設定と、USBケーブル経由で端末の自動設定も可能らしい(今回は使ってない)
・最初、ヤマハRT58i+IOデータWN-AG/A(11gで使用)で通信。利用可能だったが、途切れが気になった。自宅が住宅密集地なので2.4Ghz帯が輻輳しているかも?
・次に、PR-200NE(PPPoE設定)→RT54i(ローカルIP通信禁止のFWがわり)→ロケーションフリー(11aに設定)という構成に登録したところ、こちらも利用可能。11aは他の端末で使わない限り、安定して通話できたので、こちらをメインに使用することにした。
・ただし、KDDIひかりoneの無線AP(11a)にはなぜか接続できなかった。
・NATについては、上記でも使用しているが(特に後者、PRとロケフリで2重にNATしているが)影響なく動作している。

下記が、実際にホームUが利用可能な状態のN906iLの画面です。

N906il

右上のアンテナマークが2つあるのがわかります。左が無線LAN、右がFOMAの状態を表しており、左のアンテナマークの右側にある「家のマーク」がついていると「ホームU」が利用可能です。無線LAN接続している場合でも家マークがない場合は、ホームUが利用できません。(ホームUを使わず、VoIPやブラウザだけ使う場合は、その状態になります)

ホームUが有効になると、音声通話と、iモード・フルブラウザがブロードバンド回線経由になります。ブロードバンド経由の音声通話は、通常は050番号ですが、オプション契約することで通常の090/080番号もブロードバンド経由で可能になります。

音質はひかり電話とかわらないぐらいクリアーです。

iモードについては、明らかにレスポインスが良いですね。回線速度が速いのもあると思いますが、RTT(往復遅延時間)がFOMA回線より良いのではないでしょうか。公式・一般サイトには通常どおりアクセスできますし、iチャネル、メール送受信などすべて無線LAN経由になるようです。ただし、無線LAN使用中は、iエリアが利用できないようです。また、ソフトウェア更新は強制的にFOMA回線になります。

あとは、着信音がFOMA回線と無線LANで設定が別になっています。無線LANも「外線」「内線」「専用線」と分かれているのですが、なぜかホームUの着信は「内線」になるようです。

iチャネルボタン長押しでモードが切り替えられます「FOMA優先」「無線LAN優先」「FOMAのみ」「無線LANのみ」が選べますので、滞在場所によって切り替えて電池節約ができます。

あと、無線LAN/FOMA自動切換の状態で「無線LAN」が圏外になると、iモード接続のたびに「FOMA回線を利用する」という表示(FOMAだとパケット通信料が発生するため)が出るのですが、これは、メニューの「設定」→「アプリケーション通信設定」→「接続切替設定」で「自動切換モード」にすると良いようです。

連休明けには会社のVoIP端末として登録してみる予定です。

|

« ナッチャンRera/Worldに乗ってきた | トップページ | DoCopyでおサイフケータイをひっこしてみた。 »

VoIP」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モバイル」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/42984083

この記事へのトラックバック一覧です: onefone(N906iL)を使ってみた。:

« ナッチャンRera/Worldに乗ってきた | トップページ | DoCopyでおサイフケータイをひっこしてみた。 »