« 無事退院~ | トップページ | あれれー »

2008年11月22日 (土)

N906iLをSIP端末として使う

N906iLを会社内でSIP端末として使ってみました。

SIPサーバ及び無線アクセスポイントとしては、会社のISDN回線GWとしても使っている、アイコムのAP-5100VoIPです。

実は、以前から試していたのですが、通話中に数秒間音声が途切れる現象が発生して、業務に使える状態ではなかったのですが、色々しらべたら、アクセスポイント側の設定で、WMM(パケットの優先処理)が有効になっていないことが原因でした。また、AP-5100VoIPは11a/11g(b)の同時利用が可能ですが、11gは社内PC数台が常時使用しているので、11aをVoIP用に利用しています。

下が、SIPレジストした状態のN906iLのアイコン表示です。

Ts3c0145

アンテナ表示の左側が無線LANの状態で、SIPレジストが完了すると、「SIP」が表示されます(右のアンテナはFOMAのアンテナレベル)。ちなみにホームUの場合は家のアイコンが表示されます。ホームUもSIPを使っているので、ホームUを使っている時には別のSIPサーバには接続ができないようです。

会社の場所はイーモバイルの電波も弱いぐらい郊外なのですが(涙)、マンション群や住宅街が隣接しているため、アクセスポイントを検索すると結構な数が出てきます。エリアの問題もありますが、社内電話のようなエリア限定で、しかもリアルタイム通信を必要とするものは、11aの方が混信も少なくてよいかもしれませんね。

|

« 無事退院~ | トップページ | あれれー »

VoIP」カテゴリの記事

モバイル」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/43198467

この記事へのトラックバック一覧です: N906iLをSIP端末として使う:

« 無事退院~ | トップページ | あれれー »