« ホームUについてまとめ | トップページ | ひかり電話のFAXお知らせページから自動で受信画像を持ってくるスクリプト »

2008年11月27日 (木)

N906iLをSIP端末として使う 改善編

以前、会社でN906iLをSIP端末で使うことには成功しているのですが、アクセスポイントとして使っているAP-5100VoIPの設置場所と11a(5GHz帯)の飛びの関係で、一番長く居る事務所で使えないことが判明。

うちの会社は、鉄骨鉄筋ビルで1Fが店舗、2Fが事務所になっていて、真ん中に螺旋階段があり吹き抜けになっている。AP-5100VoIPは1Fの片隅にあり、2Fまでは電波が届かない。

そこで、2Fの吹き抜け付近に、自宅で(ほかのアクセスポイントが増えたために)あまっていたWN-WAG/Aを設置。このアクセスポイントは、11aと11g/bの切替式なので、今回も11aにした。

結果、1Fと2Fのほぼ全域で使えるようになりました。通話も途切れは殆どなく安定しています。

|

« ホームUについてまとめ | トップページ | ひかり電話のFAXお知らせページから自動で受信画像を持ってくるスクリプト »

VoIP」カテゴリの記事

モバイル」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/43245358

この記事へのトラックバック一覧です: N906iLをSIP端末として使う 改善編:

« ホームUについてまとめ | トップページ | ひかり電話のFAXお知らせページから自動で受信画像を持ってくるスクリプト »