« onefone(N906iL)を使ってみた。 | トップページ | Bフレッツの故障 »

2008年11月 3日 (月)

DoCopyでおサイフケータイをひっこしてみた。

N906iLをメインで使うことになったので、P905iから普段使っている「おサイフケータイ」系のサービスを、近所のドコモショップにある「DoCopy」を使ってひっこししてみました。

DoCopyは、ドコモショップやヨドバシのドコモコーナーなどに置いてある端末で、液晶モニターに携帯をつなぐケーブルがたこの足のように沢山出ているやつです。

FOMA同士や他社(auやソフトバンク)から電話帳などをコピーしたり、あるいはフロッピーなどに電話帳などをバックアップ、iモードサイトからダウンロードコンテンツ(でかつ移行対応しているもの)もひっこしたりもできます。

以前も買い増しで引っ越したことがあるのですが、なかなか実行できなかったり、以前はQuicPayが引越しできなかったり、新しくSuicaなども登録していたりしたので、うまく出来るか興味津々で試してみました。

普段使っているおサイフケータイのサービスは、
・ANAマイレージ
・Edy
・iD(DCMX)
・QuicPay
・nanaco
・Suica
・Cmode(コカコーラ)
・ヨドバシポイントカード
です。

やりかたとしては、DoCopyで「データ移行・iCお引越しサービス」を選んで、後は画面の指示に従って、引越し前のケータイと、引越しするケータイにケーブルをつなぎ、電話番号やネットワーク暗証番号を端末のテンキーで入力します。FOMAカードは、引越し前のFOMAに入れておきます。

ただ、上記のサービスのうち、

・Suica → あらかじめ削除しておかないと引越し作業自体できない
・Cmode → 引越し時に削除されるので、あとからCmodeのサイトで再ダウンロードする

という条件がありました。

Suicaについては、Suicaのメニューで「機種変更」を行い、アプリを削除しておく必要があります。確か、機種変更処理をしないと削除ができなかったと思います。また、紛失や故障で削除しないままの場合は、再発行手続き(有料)が必要です。ケータイの番号やメールアドレスが登録されているので、再発行しないと新規登録が出来ないようです。

引越しがスタートしたら、あとは待つだけ。

完了したら、iCデータは転送されていますが、アプリは転送されないので、「iアプリ一覧」からサービスごとに再度ダウンロードします。まだアプリをダウンロードしていないサービスを選ぶと、自動的にダウンロード用のアドレスが出てくるので、そこにアクセスしてサイトの指示どおりにダウンロードするだけです。

なお、iDについては、プリインストールされていたので、ダウンロードの必要はありませんでした。


そーいえば、先日、青森に行ったとき、コンビニがちょっと違うのが面白かったです。

北海道は、セイコーマートが多く、また道内のコンビニでもいち早くQuicPayを導入(札幌近郊など一部の店舗のみ)したこと、また会社や自宅からも近いのでよく利用しています(同じ系列でSPARってのもあります)。が、もちろん青森にはありませんw

あと道内にあるコンビニは、セブンイレブン、ローソン、サンクス、最近はファミリーマートも出来てきました。先日JR北海道がスタートしたKitacaのこともあり、ImpressWatchで道内の電子マネー状況がレポートされていました。ちなみに、KitakaとSuicaは2009年春提携予定。なので、現時点で道内にはSuicaが使えるところはありません(Suicaを登録したのは関東や関西に行くことがあったため)

青森は、セイコーマートが無いのですが、セブンイレブンも無いのですね。逆にミニストップやサークルKがありました。ミニストップはSuicaやWAONもつかえるようだったので、Suicaの残高を使ってきましたw。ミニストップはフードメニューが充実していて良いですね(セイコーマートのホットシェフもいいけど!)

|

« onefone(N906iL)を使ってみた。 | トップページ | Bフレッツの故障 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/43028345

この記事へのトラックバック一覧です: DoCopyでおサイフケータイをひっこしてみた。:

« onefone(N906iL)を使ってみた。 | トップページ | Bフレッツの故障 »