« 気づくと10月 | トップページ | 「ホームU」のモニターに当たった »

2008年10月21日 (火)

またネットワーク構成変えてみた&ネットワーク備忘録

週末にネットワーク構成をごっそり変えてみた。
そして、図にしてみた。

20081020 

なんていうか、
・ネットワーク図を書く練習
・今の構成を資料として残しておく
・この構成になった理由メモ、これからやりたいことの備忘録
てな感じですな。

ネットワークがらみでは、いくつか実験・設定してみた。

▼CEATECに行ってきました。携帯は冬モデルも発表になってないので、一番印象にあるのは、やっぱりドコモの「セパレートケータイ」。50分並んで実機触ってきましたw
また、ついでに寄った秋葉原で、VoIP関連でうわさ?の「おっと IP・電話専門店」に行ってきました。そして前から気になっていた、WiFi対応のSIP電話機、F1000Gをゲットしてきました。
SIPレジストはうまくいくし、発着信もするのですが、どうも音声が正常に送受信できない。また、気づくとレジストに失敗していることもある。色々調べてみたら、無線アクセスポイントとの相性が激しいようで、この端末用にアクセスポイントを分けないといけないかもしれないですね。
あとは、ラバー製?でフニャフニャな巻けるキーボードを買ってきました(\980なり)。今回の東京出張は、バイオのTypeU-U70P(しかもキーボードなし!、他はemobileのCFと、ケーブルを短くしたACアダプタ、愛用ヘッドホン、コンタクトレンズとか常用の薬ぐらいなもん)を入れたウェストポーチしかもって行かなかったんですけど、持ち歩くときは、これをバイオに巻けば本体保護にもなるし、広げれば大きめキーボード(打つのにちょっと力が要るけど)になるので、なかなか良い感じですよ。ただ、英語配列だったので、窓使いの憂鬱を入れました。Windowsはキーボードごとにキー配列を切り替えることができないので、日本語キーボードと英語キーボードを併用するには、dllを入れなおして再起動するか、常駐してキーマップを切り替えるツールが必要になります。VAIOのソフトウェアキーボードは日本語配列なので、前者にすると毎回再起動が必要。「窓使いの憂鬱」は後者のタイプなので、タスクトレイからマクロが切替えられます(しかも、最初から日本語→英語配列切替マクロが付いている!)。とても便利ですおw

▼会社とBフレッツのプロバイダ同士(違う会社だけど)でPPTP接続したら意外と快適だった。
以前は、ひかりoneとBフレッツで接続したことはあったのですが、どうも重い感じ。
試しに自宅のそれぞれの回線から、いくつかの大手サイトのサーバにping打ってみたら、どうも「ひかりone」の方が20msecぐらい遅い感じ。それがレスポンスの差だったのかな?RWINを大きくすると、ファイル転送は不満ないレベルなんですがね。この回線は、ほぼ固定IP状態なので、便利なのは便利なんですが。

▼9月末でサービスが終了してしまったG-LEX。引継ぎされたわけではないですが、初期費用無料として紹介されていたアジルフォン(03番号、06番号の2アカウントを取得していた)との接続がうまくいきました。G-LEXと同じく、ひかりone経由でIAX2接続。発着信ともうまくいきましたし、音質も問題ないようです。札幌にいて03とか06電番が出るのは不思議ですなw

▼ひかり電話で面白いことを発見。自宅番号にドコモのFOMAから電話すると、なぜか「こちらはNTTドコモです。おかけになった電話番号は、現在使われておりません」アナウンスになりました。よーく調べてみると、extension.confの設定ミスだったんですが、レスポンスによってはそんな応答になるんでしょうか。確かに、以前、1度だけ、携帯にかかってきた番号にかけなおしたら「使われておりません」になったことがありました。通常はありえないんですが、IP電話だとありえるんですね。

|

« 気づくと10月 | トップページ | 「ホームU」のモニターに当たった »

VoIP」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/42860882

この記事へのトラックバック一覧です: またネットワーク構成変えてみた&ネットワーク備忘録:

« 気づくと10月 | トップページ | 「ホームU」のモニターに当たった »