« G-LEXがサービス終了 | トップページ | 気づくと10月 »

2008年9月24日 (水)

ネットワーク構成を変えてみた

ネットワークの分割と、先月やめたauone-netの代わりに、一番安い?と思われるBB.Exciteに加入してみたのですが、ついでにルータの接続構成をちょっと変えてみました。

(旧)
Bフレッツ--PR200RT-+-RT58i(@nifty)-+
                   +-RT55i(auone )-+-RT54i-CASIOカラオケ
                   |               |  +----FON-
                   |               +-RT56v-Locfree
                   +-ひかりTV      |
                   +-VISTAマシン---+
                   +-AsteriskSV----+
                                   |
ひかりone--BL170HV-----------------+--各マシン

(新)
                               +--FON
Bフレッツ--PR200RT(Excite)-+-RT65v
                           +-LocationFree
                           +-CASIOカラオケマシン
                           +-HUB+-RT58i(@nifty)-+
                           |    |-AsteriskSV----+
                           |                    |
                           +-HUB+-ひかりTV      |
                                +-VISTAマシン---+
                                                |
ひかりone--BL170HV------------------------------+--各マシン

FONとLocationFreeと、一部の機器はセキュリティーに不安があったので、ルーターをはさんで、ローカルIPアドレスの通信を遮断し、インターネットとの通信のみにしていました。

以前はONUはPPPoEの通過しかさせていなかったのですが、BB.ExciteをPR200で登録してみました。変更後では、RT200直下にLocationFree(ポートフォワード手動設定)をおき、RT56vをフィルタ設定したローカルルータとしてFONとの間に入れ、なおかつ、RT56vをひかり電話の内線としてSIP登録し、RT56vのアナログポートにFAXやSTBのモデムをつないでいます。(FAXはひかり電話の通知サービスで受信しているので、送信専用)

で、この構成で気づいた点が1つ。

ひかりTVは、IPv6のマルチキャストなので、市販の安いスイッチハブだと、ブロードキャスト扱いになり、ルータやひかりTVチューナー以外のポートすべてにもパケットが流れます。

しかし、RT200のポートからは、ひかりTVチューナーがつながっていないポート以外には流れないようになっているようです。RT200は、ひかりTVのポート以外につないだ、たとえばRT58iなどには流れていません。しかし、ひかりTVチューナーとRT200の間に入れた市販のスイッチハブは、テレビ視聴中はずっと全ポートのLEDがチカチカしています。

とりあえず、ひかりTVを利用する場合で、他にルーターを使用しない場合は、ひかりTVチューナーは単独でRT200に直結、他はHUB経由にすると無駄なトラフィックが発生しないようですね。

|

« G-LEXがサービス終了 | トップページ | 気づくと10月 »

VoIP」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/42573895

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワーク構成を変えてみた:

« G-LEXがサービス終了 | トップページ | 気づくと10月 »