« 無料内線計画終了 | トップページ | アンケート »

2008年9月 8日 (月)

「ひかりone電話」→「ひかり電話」に移行

ISDNからKDDIの「ひかりone電話」へナンバーポータビリティーで移動させた親の回線を、9月10日付で自分の「ひかり電話」の子番号(マイナンバー)に再びナンバーポータビリティーで移動させることにしました。(しかし名前が紛らわしいですなぁw)。

申込は116に電話しただけ。KDDI側へはNTT東日本側から連絡を入れてもらえるようです。ISDNからの移行は面倒だったけど(iナンバーを親として残したかったから)、普通の移動って楽なんですなw

・親の方は電話をかけることが多く、ひかり電話は「ひかり電話A(エース)」契約で、無料通話があるので、使い切れそう?

→ひかりoneは電話500円/月+番号通知400円/月だったが、ひかり電話に追加すると、マイナンバーが100円/月。番号通知はエースに込み。ダブルチャンネル(400円/月)を付けてもお得)

・ひかりone電話はAsteriskにアナログFXOでしか収容できないので、ひかり電話のSIP収容に比べて、音質や使い勝手などの面で、やっぱり不便。

ひかりone電話の方の優位点としては「ナビダイアル(0570)につながる」ということでしょうか。あんまり使わないかなーと思っていたのですが、1回だけ、親が「ねんきん特別便」で使ってました。これも一般番号とか携帯で対応できそうだったので、気長に待つつもりだったのですが、なんと明日9日からナビダイアル接続開始のリリースが!なんというタイミングでしょうかこれw

技術的に接続が難しかったというより、ナビダイアルはチケット予約などによく使われており、輻輳するとひかり電話自体が停止しかねないから、ということだったようですが、提供開始予定から1年以上もたち、株主総会でもたたかれたため、2008年の年内予定と発表していたのが、ようやく開始になったようです。他にもBSデジタルの双方向なんかでも一部使われているようですね。

|

« 無料内線計画終了 | トップページ | アンケート »

VoIP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/42417835

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひかりone電話」→「ひかり電話」に移行:

« 無料内線計画終了 | トップページ | アンケート »