« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月24日 (日)

SL-2100

昔から録画に使っていて、予備としても使っていたベータデッキ(SL-HF300)が再び電源故障してしまったので、急遽、ヤフオクで、中古のベータデッキ「SL-2100」を購入しました。現在の自分の部屋のラックはこんなかんじ。

P1000317

ラック上段はD-VHS(パナソニックNV-DH1、ビクターHM-DHX1)と、DHX1の上がPCMプロセッサ、ソニーPCM-501ESとその下がソニーHi8 EV-S900。
中央段左は、上からPureD、DVDコーダ RDR-GX7、DV/S-VHSコンボデッキ WV-DR7、レーザディスクプレーヤ DENON LA-260C
中央段右は、上からIOデータのGV-1394、ハードオフで4000円だったSONYセレクタ SB-V3000、SL-2100、EDV-9000。
モニターは、ソニーブラビア 32インチ(HDMIなし)です。ほかに、J:COMのHDR(JC-5000)などがあります。

1990年にソニーから発売されたノーマル(メタルテープを使うEDベータではないベータのこと)ベータの最高峰といわれたデッキです(その次に発売された93年の廉価版ノーマルベータ、SL-200Dが最後のベータデッキとなります)。

ソニーが2002年にベータデッキの生産完了を発表し、現在は専用ICなども生産されていないため、保守も難しくなってきています。

そもそも現実問題として、アナログのテープメディアでは保管場所や保守が難しくなってきたため、デジタル化をすすめているわけですが、アナログテープがゆえに変換が大変だったりします。

SL-2100は「ソニーがベータの終了を意識して過去のテープを最高の状態で再生できるよう作ったのでは?」といわれてるようです。ノーマルベータとしては唯一S端子を装備しており、オートトラッキングもできるので常によい状態で再生ができます。

ノーマルテープの再生においては、特に状態の良くないテープでの再生が、EDV-9000と比較するとかなり良いようです。今まではEDV-9000と画像安定装置(PureD)を併用しておりましたが、なくても問題なさそうなので直接PCに入れています。

差といえば、安定装置に入っていた3次元デジタルNRぐらいなんですけど、確かに入れるとザラツキがちょっと減るのですが、残像感とか、安定装置の不具合?による明るい画面での同期乱れのことを考えると、素のままキャプチャしといても問題ないと考えました。

これまでにDVDに焼いた数は約30本分ほど、やっと1割ぐらいって感じですかねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

ひかりTVを使ってみて

ひかりTVを使ってみて気づいたこと

・ビデオサービス(オンデマンド)は視聴中に突然、途切れ途切れになってしまうことがある(停止して再生してもなかなか改善されない)。映画の途中でこういう現象になるので、致命的です。回線輻輳なのかサーバ負荷なのか原因は不明。テレビサービスは問題ないみたい。
・アダルトは「書類による年齢確認が必要」となっていたが、18禁のRシネマや、アダルト動画の購入してみたら、できちゃいました。ただ、テレビサービスのアダルトチャンネルは登録しないと契約できないようです。
・7月末で吉本などのビデオコンテンツが大量になくなってしまった。

お笑い好きなので、かなりショックです。

あんまりいいことばかりではないですね。今はお値打ちプラン(テレビとビデオ見放題セット)ですが、状況見て、テレビのみに変えるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

ひかりTV開通

ひかりTVですが、チューナー(STB)が届いたものの、設定に必要なエントリーコードが記載された開通通知書がなかなか届かないので、とりあえず問い合わせフォームに書き込みました。

もともと、プロバイダごとにサービスされていたBフレッツ向けのTVサービス(4thメディアなど)が、ひかりTV(ぷらら提供)に統合されたばかりらしく、サイトにも書いてあるのですが、サポート電話がつながらない(込み合っているアナウンスのみ)。

チューナー(PictureMate700)には、HDMIとD端子、S/ビデオ出力があります。うちはテレビの関係でD端子経由ですが、TVサービスのハイビジョンチャンネルは、ハイビジョンで移りますが、ビデオサービスのハイビジョン番組は標準画質になってしまいました。ビデオサービスは原則録画不可なので、おそらくDVDのアップコンバートと同じように、出力制限があるのでしょう。

チャンネル切り替えや、ビデオの早送りなどのレスポンスはちょっと遅いですが、標準画質のチャンネルで、J:COMと比較してみると、若干ですが、ひかりTVのほうがブロックノイズが少ないようです。ハイビジョンはD端子では差はあまりよくわかりません。

テレビ番組表やビデオ一覧は、初回だけ表示まで時間がちょっとかかるようですね。

さっき、もうすぐ配信が終わるリストから、ディズニーの「カントリーベアー」を見てみました。一時的にブロックノイズが出ましたが、画質はDVD並みで不満はありませんでした。それよりも作品がとても面白かったw

週末はいじり倒してみますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

ひかり電話の不具合解消

先日出ていた、ひかり電話不具合(8ヶ月電源いれっぱなしで通話ができなくなる)の修正ファームが出ていました。

アップデートは、RT-200NEの管理画面あるいは電話から操作すれば勝手にやってくれるのですが、その際、PPPoEが1セッション必要になります。また起動時にもちょっとだけ1セッション使用します。

うちは、外部ルーターで2セッションとも(@Niftyとauone-net)使用しているので、とりあえず、@Niftyを切断して再起動したのですが、RT-200NEが再起動、一瞬スイッチハブが切断されるので、結局は両方ともセッションが切れるのでした。ちゃんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出ばなをくじかれる

古いビデオからDVDへのコンバート作業、3本目にしてトラブル発生!

DVDレコーダのドライブが書き込み不良...orz

PCを組みなおしたばかりで、お金も使いたくないし、どうやって今後焼きこみしようかと思ったんですが、とりあえずシステムを見直しました。

┌SONY EDV-9000(EDβ)
│┌SONY WV-DR7(S-VHS&DV)
││ S-Video
SKnet PureD(TBC&DNR)
 │S-Video
IODATA GV1394V(S→DV)
 │IEEE1394
Vista(Core2Quad-Q9300) PowerProducer Vista
 │LAN(1000BASE-T)
WinXP(Pentium4 2.4G) TMPGEnc DVD Author2.0
 |USB2.0
Baffalo DVD-R Drive

ソースのビデオデッキ出力を、いったん、PureDに入れて、TBCによる画像の安定化、3次元デジタルノイズリダクションと、明るさ・色合いの補正をします。
古いソースでは、劣化のためかなり画面が揺れたり、録画時の受信状態が悪くてザラザラしたものもあるのですが、かなり安定しています。副作用として残像が多少見えたり、Pure-Dの不具合として明るい場面ではノイズが入る(AGCオフでだいぶ低減)場合があるのですが、頻度は少ないのでとりあえず目を瞑っています。

Pure-Dの出力を、IOデータのGV-1394Vというキャプチャユニットに入れています。この装置は、内臓チューナーや外部入力信号をDV形式にエンコードしてIEEE1394(iLink)出力します。

先日組みなおしたVistaマシンのオンボードiLink経由で画像をキャプチャし、PowerProducerVistaの動画キャプチャ昨日で、リアルタイムにMPEG2に変換しながら取り込みます。レートは、ソースがソースなので、3時間モード(HalfD1、352×480、約3MBps)。今回購入したのはこれだけ(ベクターでダウンロード版が2700円ぐらいで買えました)。ワークディレクトリを、Vistaマシンではなく、実際に焼きこみを行うXPマシンの共有フォルダ(事前にネットワークドライブに割り当て済)にしておき、XPマシン側にMPEGデータを保存させます。

最後に、キャプチャしたデータを、XPマシンのTMPG DVD Author2.0でオーサリングして、焼きます。PowerProducerは細かなレート調整ができないので、DVD Author側でDVD-R1層(長尺な場合のみ2層)に入るようにトランスコードさせてたり、チャプタを打ったりしています。

XPマシンのスペックでは、1本分が焼きあがるまで、3時間程度のトランスコードが不要な場合で40分程度、4時間程度のデータをトランスコードして1時間以上かかりますが、キャプチャは実時間で1本あたり2~6時間かかるので、実質、キャプチャ時間だけ(DVDレコーダで直接焼くのとほぼ同じ時間)で作業できそうです。

前のパターンでは、デッキ直結だったので、見た目上の画質がかなり改善されました。また、録画モードが1/1.5/2/3/6時間からしか選べないので、4時間なら6時間モードしか選べないとか、テープにβⅡ(実質の標準モード)とβⅢ(実質の長時間モード)が混在していて尺が読めない場合でも長時間録画の場合の時間に設定してしまっていたため、画質を落とさざるを得ない、ということもありましたが、実際の記録時間に合わせてDVD容量を使いきれるという点もよいです。


あと、DVD Authorでは、デュアルオーディオ(2ヶ国語音声みたいに2つの音声を収録する)DVDが作れます。1本だけ、特殊な録画テープがあったので実験してみようと思います。1994年の北海道マラソンを録画したテープがあったんですが、サイマル録音されてました。映像とノーマル音声にはテレビの音声が、ハイファイ音声にFM放送が録音されてます。
昔のHiFiビデオには、テレビチューナーの音声をノーマル音声で、HiFi音声をライン入力から記録する機能がありました。これは、昔、NHK教育テレビが音声多重放送をやっていなかったときに、クラシックコンサートの放送を、教育テレビとNHK-FM放送で同時にやっていたことがあって、そういう形態の番組を録画するためのものだったようです。
北海道マラソンは、テレビ中継をuhb(北海道文化放送/フジテレビ系)が、ラジオ中継をAir-G'(FM北海道/TFM系)をやっている(この大会自体が両局を含む北海道新聞社系列の主催)ので、興味本位でビデオにFMチューナーをつないで録画してたようです(学生だった自分がw)。
やり方としては、アナログな方法ですが、ノーマル音声とHiFi音声の2回に分けてキャプチャ、同じタイミングでキャプチャを開始します(フレーム単位のシンクとかは期待しません)。DVD Authorでは、ノーマル音声側を映像/音声1に、音声2にはHiFi音声でキャプチャしたMPEGデータをつっこむと、音声だけぬきだしてくれるようです。まぁカセットテープを2つ再生するのと違って、映像信号という同期信号があるんで、ある程度は再生同期するんじゃないですかねw


さて、XPマシンはオーサリング中はほぼ100%CPU負荷ですが、Vistaは常に10%以下なので、裏で動画見たりいろいろやってもぜんぜんこま落ちなしです。いや~すごいですね!
どうも、MPEG2のリアルタイムエンコードよりも、普段音楽再生につかっているWINAMP のDSPプラグイン、STEREO TOOL 3 (マルチバンドタイプのコンプリミッタ)のほうが負荷が高いようです。確かのこのプラグイン、Celeron3Ghzでは再生するのもぎりぎりでした。Core自体の性能がまったく違うんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

ひかりTVのチューナーがキター

ひかりTVのチューナーがきたー

でも開通通知書がきてないー

エントリーコードがわからないー

見られなーいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

一所懸命に移行中

オリンピックをぼーっと見ながら、J:COMのHDRから必要なものだけ録画して消してます。
そろそろ、J:COMを解約しようかと思って。
うちのマンションは、J:COM対応なのですが、マンション内の同軸ケーブルが古いため、双方向サービスも対応できず、通常の放送を見るのにもブースターがないと不安定なぐらいです。
双方向が使えないので、オンデマンドサービスに非対応であることを了承の上でサービスは受けていますが、CS以外でもひかりTVやひかりoneのTVサービスなど選択肢が広がってきており、FTTH系は安定してオンデマンドなどフルサービスが受けられるわけですし...
でも一番の問題は、自分がCS番組を見る時間が減ってきていること。いろいろ考えて自分のHDRは解約。親は見ていることが多いようなので、とりあえずデジタルコンパクト(一部チャンネルが少なかったり、フルだとHDで見られるチャンネルがSDでしか見られない、など条件があるが安い)に変更するつもりです。デジタルコンパクトはオンデマンド非対応なのもちょうどいいかな、と。
HUMAXのHDRは、地でデジ・BS・CSが切り替えなく見られるEPG機能がお気に入りでしたが、HDDしか入っていないので、保存したいもののムーブが面倒(現在は外付けD-VHSへ移動してます)なんですけど、そのうちお金がたまったら安いレコーダがほしいですね。まだブルーレイじゃなくてもいいんで、AVCHDでDVD-Rにハイビジョンで保存できるやつがほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

ひかり電話の「FAXお知らせメール」

ひかり電話のサービスで「着信お知らせメール」と「FAXお知らせメール」というサービスがあります。

前者は契約番号に着信があった場合、指定メールアドレスに着信番号などを通知してくれるサービス、後者はNTT側のサーバでFAXを受信してくれて、メールへの通知と、専用サイトから受信画像データの受け取りができるサービスです。

両方とも、1番号につき100円/月(税別)、ただし、ひかり電話エースには「着信お知らせサービス」が標準で含まれています。

今回自宅の回線はひかり電話エースなので、電話用に使っている親番号は「着信お知らせサービス」を使用し、マイナンバーで追加したFAX用番号に「FAXお知らせメール」を追加しています(マイナンバー105円+お知らせ105円で計210円)

「FAXお知らせメール」を折角申し込みしたのに、設定をずっとしていなかったのですが、やっと設定して使ってみました。

Hikarifax2

・事前に契約回線から、設定用番号に電話(東京03番号、通常の通話料がかかる)し、仮パスワードを設定する(数字と*を組み合わせた8桁)。
・設定や受信したFAXの表示は、専用サイト(https://www.hikari.ntt-east.co.jp/)で行う。
・設定中は、ひかり電話の回線には着信が入らず、自動的にNTT側サーバが着信を行う。
・FAX保存容量は、10MBまたは1,000件まで。
・受信したFAXの閲覧と削除は、専用サイトからのみ。閲覧はTIFFファイルを受信する(PC上にTIFF対応ビュアーが必要)
・受信が失敗した場合でも、メール通知と受信記録が残る。

という内容です。

専用サイトにつながればどこからでも見られるので便利ではあるのですが、容量制限があるので、こまめに削除が必要でしょうし「FAXが届いたら自動で印刷したい」ということもやりたいのですが、メールにFAXデータを添付してくれたりはしないので、難しいです。

で、「FAXの受信お知らせメールが届いたら、それをトリガーにして外のサーバへデータを引っこ抜く」なんてことができないかな~と思って専用サイトの動作を調べてみました。

この管理ページではログインごとにユニークIDやセッションIDを発行し、FORM中のhiddenで引き回しているだけのようで、特にcookieは使っていないようでした。なので、ページ内のパラメータをQueryStringとしてまとめておけば、wgetを使ってもうまくログインできたので、「保存データを受信する」「一覧からデータを削除する」をブラウザから操作しているように動くプログラムを作り、お知らせメールが届いたときに実行するようにしてみました(FAX受信エラーの場合はTIFFリンクはないのですがログが残り削除をしないといけないため)。

個人で借りているさくらの共有サーバに設置しています(FreeBSDのサーバ)。こちらでメールも受けているので、通知受信用アドレスを作って、.mailfiterにプログラムのパスを設定。自動受信に成功しました。ついでにTIFFを保存したあと、PDFに変換もかけてみてます。

今はさくら側に保存して、NTT側から削除するだけですが、そこから自宅側へ転送する部分を後日追加してみようと思います。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2008年8月 4日 (月)

ひかり電話機器の不具合ナド

NTT東西のひかり電話で使われている機器に不具合があったそうです。
(NTT東日本のリリースはこちら

対象機種は東日本は、PR-200NE/RV-230NE/RT-200NE、西日本はAD-200NEの一部のファームで、現象は電源を入れっぱなしにすると、249日で電話機能が停止するというもの。電源を入れなおすと復旧するものの、また249日で停止するそうです。

8/4現在で対象機種が約126万台、自宅のPR-200NEも対象のようですね。まだ開通して2週間もたっていないので問題は発生していないのですが、近日中には改善ファームが出るようですね。ただ、ひかり電話はアップデートの通知はされるものの、実際にアップデートするには、そのときだけPPPoEを1セッションを使うんですよね。

うちではセッション追加せず、@Niftyとauone-netを常時接続しているので、一旦切断しないといけませんな。本当はIPアドレスが変更になってしまい、SIPレジストしなおしに時間がかかると思うので、あまりやりたくないんですけども、仕方ないですね。


さて、auone-netからauケータイへの無料通話が8/1からスタートしました。でもKDDI系のIP電話は翌月にならないと通話明細が見られないので、本当に無料なのかがよく分かりません。

あともう1つ、これは組み合わせの問題なのかどうなのか分かりませんが、auケータイの音質があまりよくありません。端末(W52T)の問題ではなくて、恐らく使う場所か込み合っていて圧縮率が高いのか、いつもauケータイで転送した電話に出ると、昔のPDC(ドコモmovaのハーフレート)を思い出すような音質。あまり利用頻度が高くなくなってしまったのですが、会社で使っているInfoSphereのプラストーク(実はFusionベースの050IP電話)からも同時にFOMAへ転送して使い比べてみようかと思います。着信番号がFOMAで分からないものの、ISDN→プラストークの方が、ボイスワープより料金も安く済みますしね。メリットはあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メインマシンを組みなおした。

今までメインマシンに使っていたのは、Celeron3.06GHz+メモリ1GHz(DDR2 512MByte×2デュアルチャンネル)で、OSがWinodwsVista(SP1)だったので、とりあえず普通に動くものの、ウィンドウを開くのに1テンポ遅れる感じがあったり、動画が重かった感じでした。グラフィックボードも安いものだったので、トータルスコアが2.6(3E描画が2.6、ほかCPUやメモリは3.0~3.6)となっていました。

まだあんまり買い替えのつもりはなかったのですが、こんなビデオカードが在庫処分扱いされていて....
P1000311s

思わずジャケ買いしちゃいましたw

でも.....

うちのマザーってAGPのみ。これってPCI Express(x16)....w

...........えーい総入れ替えだw

ってことで、市内の中古ショップで、GIGABYTE P35-DS5(Rev2.0)のマザーボードと、同じ店で売っていたCore2Quad Q9300(2.5GHz/FSB1333MHz)を購入、メモリは、マザーに合わせて、DDR2 1066MHzの1GByte×2枚を購入。

このマザーを選んだのは、マザーはCore2対応で比較的新しいマザーだったこと、もうレガシーになってしまったけれどもPCIが2スロットあり、もちろんPCI Expressx16に対応していること。Rev1と2の違いはリアパネルのUSB/IEEE1394のコネクタ数の違いと、Rev1にあったリアのシリアル・パラレルポートがなくなった(ボード上にピンはある)こと。実際、コムポートやパラレルポートは利用がほとんどなく、USBがたくさんあるほうがメリットを感じられたためです。そのほか、インテルチップセットのSATA6ポート(RAID0/1/5/0+1対応)と、GIGABYTEチップのSATA2ポート(RAID0/1対応)、PATA1ポートです。ゲーマー仕様のようですね。

とりあえず、使っていたケースと電源、CPUクーラーは流用していざ起動.....電源がすぐ落ちる....ということで電源も600Wのものに交換。ショップの店員さんによると、電源自体はCore2に対応した比較的新しい電源ではあるものの、12Vラインがちょっと弱いのではないか?とのことで、こちらは交換して無事起動できました。

あまっていたS-ATA(日立160G)を入れてみたものの、なぜかVISTAが認識せず。原因は、その前にダイナミックディスクにしていたため。別マシンでベーシックに戻して無事インストール完了。マザーのドライバインストール、自動アップデート、SP1インストールをすぐに行います。

前使っていたMAXTORの250G(こちらもSATA)はなぜかうまく認識できません。USB-SATAアダプタ経由では動作するので、相性の問題かな?とりあえずはずして、環境構築をしました。

Info_2

最初に触った感想は、「とにかくサクサク動くのか実感できる速さ」でした。もたつきとか、ウィンドウを開くまでの1テンポの遅れがほとんど感じられなくなれました。思わずYoutubeを同時に複数再生ながら、Yahoo!動画見たり、いろいろやってもコマ落ちも見られないし、タスクマネージャ見てもCPUアベレージもぜんぜんあがらない。すばらしい!グラフィックカードの性能も良いのしょうね。CPUI負荷は4つグラフが出るのも感動です。フレッツスクエアV6のハイビジョン動画もとても滑らかでした。

Score

そして気になるVistaのスコアは、5.6!前のマシンの2倍以上です!

しかもCPU・メモリ・WindowsAeroはスコア最大値の5.9で、SATAのハードディスクが5.7、一番低かったのがゲームの3D描画でこれが5.6だったようです。

ということは、これより高いグラボとSATAはオンボードでRAID(ストライピング)したら、たぶんオール5.9ってできそうですね。でも想定外の出費があったし、現状でも十分満足しているのですぐに変えるつもりはないです。

そして、以前のCeleronマシンはCentOSを入れてしばらく動作テストです。いずれAsteriskなり何なりに使おうと思ってます。オンボードでギガビットLANも載っているし、メモリも1GByteあるので、FAXの画像変換とか、音声応答とか重い処理させても大丈夫そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »