« Bフレッツが開通! | トップページ | 家の電話回線をすべて収容 »

2008年7月28日 (月)

とりあえずネットワーク構築だだだ!

土日で、早速ネットワークを再構築してみました。

今回、Bフレッツは、フレッツの申込を行った@niftyと、前に日記でも書いたauケータイ無料転送用に申し込んだauone-net(旧DION)を2セッション使って接続します。

最初は、PR-200NE自体が
・マルチセッション対応であること
・IPv6ブリッジできること
・AsteriskとPR-200NEをSIPで接続したいこと

という理由で、宅内LANに直結しようと思っていたのですが、「IPv6」に絡んで、

・フレッツスクエアは、PPPoEが埋まっているから、IPv6で使いたい(セッション追加が必要なほどは使わないから)
・ひかりTVを使ってみたい

と思ったので色々調べてみると、「ひかりTV」でTVサービスを使うと、「マルチキャストのパケットが宅内のスイッチハブや無線LAN全てを通過して流れてしまう」という問題があることが分かりました。

結局、今までよく使っている

・IPv6を使用する機器が少ない
・PR-200NE(NECのルーター)は色々と高性能そうだけれども、やはり慣れたヤマハのルーターで細かい設定をやりたい

ということで、ルーターとIPv6、あるいはPR-200NEと直接通信させたい機器だけ直結させ、IPv6パケットをそのネットワーク内に封印することとしました。

今の暫定ネットワークはこんな感じです。

Photo_2

PR-200NEには、ルータ2台(RT58i/RT55i)と、Asteriskを入れたCentOSサーバ2台、フレッツスクエアを利用したいVistaマシンをつないでいます(PCについては、LANカード2枚刺し)

ルーターは、RT58iがメインで@nfity用、RT55iはauone-net用です。RT55iは公称スループットは12Mbps程度なのでBフレッツの帯域を使い切れませんが、VoIPとか、一部の機器用に考えているので、問題ないです(それよりもフィルタ型ルーティングなどの機能が使えるほうのメリットが大きい)

回線の使い方は、固定IPの場合は、GWアドレスをそれぞれのルータに指定することで、使う回線を分けています。主にVistaなどは@niftyを、FONなどはauoneを、VPNやG-LEXとの通信にはひかりoneを使っています。

FONやロケフリのAPなど、宅内ネットワークを見せずインターネットだけ接続させたい機種のために、ローカルルータとして、またモデム機器のアナログ回線延長(機器間アナログ通話)用として、RT54iとRT56vを一部に使っています。

メインのAsteriskサーバ(FMV)は、ひかりoneを普段使っていますが、RT55i側の設定でSIP関連のポートだけauone-netを使うようにし、KDDI IP電話でSIP通信できるようにしました(ひかりone電話用にHGWのudp5060ポートを掴んでしまっているのでこちらの回線でSIPは面倒くさいので)

追加したLANアダプタからのRT-200NEとのSIPレジストもうまくいきました。今まで使っていたソースにはrt200neパッチが当たっていなかったので、makeしなおして成功です。

あと、@niftyもOCNベースの050番号を取得できました(無料なので)。あとは、バックアップに@nifty経由でG-LEX通信させたいとも考えているので、もう1台中古マシンをサーバ用に用意しました(Pentium4 1.6GHzのCompaqマシン、3980円なりw)。こちらはまだ調整中です。

とりえあず、Asterisk経由で、自宅のPHS子機から

・ひかりone経由の発着信(AX100P経由)
・ひかり電話の発着信(SIP経由)
・G-LEXの050番号の発着信
・auone-netのKDDI IP電話の発着信
・会社INS回線→AP5100VoIP→会社Asterisk→IAX2→自宅Asteriskという着信

までなんとか可能になりました。続きはまた時間を見つけてやりますだ。

|

« Bフレッツが開通! | トップページ | 家の電話回線をすべて収容 »

VoIP」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/41994812

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえずネットワーク構築だだだ!:

« Bフレッツが開通! | トップページ | 家の電話回線をすべて収容 »