« 2007年11月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

家の電話回線をすべて収容

現在、家から利用可能な電話回線は、

・KDDI ひかりone電話(1番号)
・Bフレッツ ひかり電話(3番号)
・@NiftyフォンC(1番号)
・auone-net(1番号)
・G-LEX(G-LEX番号は3番号、050番号は1番号)

です(このほかに会社のAsteriskとIAX2接続し内線通話も構築)。

これらの回線を数台の電話で、どの番号からの着信かの判別や、発信回線の選択をできるようできるようになりました。

すでに、ひかりone電話とG-LEX、auone-netは使えるようになっていたため、今回、新しく用意した中古CompaqデスクトップPC機のサーバ(CentOS4.6+Asterisk1.2.18)に、@NiftyフォンCとひかり電話を接続しました。

現在、電話用GW(IPA201,eGateway5000など)は、FMVのAsteriskに収容しています。こちらはauone-netのSIPを接続している関係で、@Niftyフォン用は別サーバを立てるつもりでいました。
ひかり電話もFMV側で収容しようと思っていたのですが、LANカードを認識してくれなかったため、ひかり電話もCompaq側で収容することにしました。FMV-CompaqはIAX2でトランク接続します。

そのほか、G-LEXの3番号のうち1番号をCompaq側からレジストするようにしました。G-LEXには、IAX2着信時に接続ができなかった場合に、留守電や別のG-LEX番号へ転送する機能があります。FMVとCompaqは異なるインターネット回線を使用しているため、ひかりoneが使用不可になった場合、Bフレッツ経由で着信ができたりするのかな?っていう実験をやってみようかと思います(今回はまだ設定していません)

Asterisk中心にみた構成図はこんな感じ

       +--(ひかりone経由IAX)--会社*/G-LEX
       +--(auone-net経由SIP)--KDDI_IP電話
*SV1(FMV)---+--(AX100P)--ひかりone電話HGW
       +--(ATA/GW)--アナログ電話/PHSほか
       +--(IAX2接続)--*SV2(Compaq)--(@Nifty経由)---@Niftyフォン

                  +--------(@Nifty経由)---G-LEX
                  +---------(増設LAN)-----RT200NE(ひかり電話)

KDDIのIP電話は接続事例がありましたし、@NiftyフォンCはNTTコミュニケーションズのIP電話なので、OCNドットフォンの事例を参考にしました。

ひかり電話については、インストール時にrt200neパッチを当ててあり、参考情報もたくさんありましたので、問題なくレジストできました。

FMV-Compaq間もIAX2でトランク接続し、extentions.confも設定。発着信も無事できるようになりました。

が、ここで1つ問題が。

IPA201経由では問題なく通話できたのですが、eGateway経由でCompaq側のひかり電話や@Niftyフォン経由で発信すると、なぜか片通話(相手の声は聞こえるが、こちらの声が伝わらない)になってしまいます。発信時のみ問題が発生し、着信した場合は正常でした。

最初はNATまわりかと思ったのですが、直結しているひかり電話でも同じ状態だったので、原因がさっぱり?でした。CLIで状況を確認してみたのが下記のとおりです。

    -- Executing Goto("SIP/xxxx-085a7398", "rt200ne3outgoing|090xxxxxxxx|1") in new stack
    -- Goto (rt200ne3outgoing,xxxxxxxx,1)
    -- Executing Answer("SIP/xxxx-085a7398", "") in new stack
    -- Executing Dial("SIP/xxxx-085a7398", "IAX2/shishimaru/xxxx090xxxxxxxx|60|tT") in new stack
    -- Called shishimaru/xxxx090xxxxxxxx
    -- Call accepted by 192.168.xxx.xxx (format ulaw)
    -- Format for call is ulaw
    -- IAX2/shishimaru-16384 is making progress passing it to SIP/xxxx-085a7398
    -- IAX2/shishimaru-16384 is ringing
    -- IAX2/shishimaru-16384 is making progress passing it to SIP/xxxx-085a7398
    -- IAX2/shishimaru-16384 stopped sounds
    -- IAX2/shishimaru-16384 answered SIP/xxxx-085a7398
    -- Hungup 'IAX2/shishimaru-16384'
  == Spawn extension (rt200ne3outgoing, 090xxxxxxxx, 2) exited non-zero on 'SIP/xxxx-085a7

これは、携帯電話にかけてみたときの様子です。shishimaruはCompaqサーバのことで、さらにCompaq側で発信する回線を選ぶために、電番の前に識別番号4桁を付加してDialしています。

気になるのが「stopped sounds」という部分。正常通話できるIPA201では出ませんでした。

最初、

exten=>_X.,1,Dial(IAX2/shishimaru/xxxx${EXTEN},60,tT)
exten=>_X,,n,Hangup

としていたのですが、これを

exten=>_X.,1,Dial(IAX2/shishimaru/xxxx${EXTEN},60,rtT)
exten=>_X,,n,Hangup

としてみました。これで通話はできるようになりましたが、呼び出し音が強制的にAsterisk側のRingingToneになってしまうため、「現在使われれておりません」とか「電波の届かない場所にあるか電源が入っていないため・・・」という局側アナウンスが流れる場合でも呼び出し音になってしまいます。その後、数時間にわたって試行錯誤した末、自動応答のサンプルを見て思いつき、次の設定を試したところ正常に通話できるようになりました。

exten=>_X.,1,Answer()
exten=>_X.,n,Dial(IAX2/shishimaru/xxxx${EXTEN},60,tT)
exten=>_X,,n,Hangup

eGatewayでもIPA201でも問題ありませんでした。端末間の制御の違いなのでしょうか。とりあえずしばらくこれで様子を見てみようと思います。

onwriskなので動いてラッキーなことではあると思いますが、それが大変でもあり面白いところでもありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

とりあえずネットワーク構築だだだ!

土日で、早速ネットワークを再構築してみました。

今回、Bフレッツは、フレッツの申込を行った@niftyと、前に日記でも書いたauケータイ無料転送用に申し込んだauone-net(旧DION)を2セッション使って接続します。

最初は、PR-200NE自体が
・マルチセッション対応であること
・IPv6ブリッジできること
・AsteriskとPR-200NEをSIPで接続したいこと

という理由で、宅内LANに直結しようと思っていたのですが、「IPv6」に絡んで、

・フレッツスクエアは、PPPoEが埋まっているから、IPv6で使いたい(セッション追加が必要なほどは使わないから)
・ひかりTVを使ってみたい

と思ったので色々調べてみると、「ひかりTV」でTVサービスを使うと、「マルチキャストのパケットが宅内のスイッチハブや無線LAN全てを通過して流れてしまう」という問題があることが分かりました。

結局、今までよく使っている

・IPv6を使用する機器が少ない
・PR-200NE(NECのルーター)は色々と高性能そうだけれども、やはり慣れたヤマハのルーターで細かい設定をやりたい

ということで、ルーターとIPv6、あるいはPR-200NEと直接通信させたい機器だけ直結させ、IPv6パケットをそのネットワーク内に封印することとしました。

今の暫定ネットワークはこんな感じです。

Photo_2

PR-200NEには、ルータ2台(RT58i/RT55i)と、Asteriskを入れたCentOSサーバ2台、フレッツスクエアを利用したいVistaマシンをつないでいます(PCについては、LANカード2枚刺し)

ルーターは、RT58iがメインで@nfity用、RT55iはauone-net用です。RT55iは公称スループットは12Mbps程度なのでBフレッツの帯域を使い切れませんが、VoIPとか、一部の機器用に考えているので、問題ないです(それよりもフィルタ型ルーティングなどの機能が使えるほうのメリットが大きい)

回線の使い方は、固定IPの場合は、GWアドレスをそれぞれのルータに指定することで、使う回線を分けています。主にVistaなどは@niftyを、FONなどはauoneを、VPNやG-LEXとの通信にはひかりoneを使っています。

FONやロケフリのAPなど、宅内ネットワークを見せずインターネットだけ接続させたい機種のために、ローカルルータとして、またモデム機器のアナログ回線延長(機器間アナログ通話)用として、RT54iとRT56vを一部に使っています。

メインのAsteriskサーバ(FMV)は、ひかりoneを普段使っていますが、RT55i側の設定でSIP関連のポートだけauone-netを使うようにし、KDDI IP電話でSIP通信できるようにしました(ひかりone電話用にHGWのudp5060ポートを掴んでしまっているのでこちらの回線でSIPは面倒くさいので)

追加したLANアダプタからのRT-200NEとのSIPレジストもうまくいきました。今まで使っていたソースにはrt200neパッチが当たっていなかったので、makeしなおして成功です。

あと、@niftyもOCNベースの050番号を取得できました(無料なので)。あとは、バックアップに@nifty経由でG-LEX通信させたいとも考えているので、もう1台中古マシンをサーバ用に用意しました(Pentium4 1.6GHzのCompaqマシン、3980円なりw)。こちらはまだ調整中です。

とりえあず、Asterisk経由で、自宅のPHS子機から

・ひかりone経由の発着信(AX100P経由)
・ひかり電話の発着信(SIP経由)
・G-LEXの050番号の発着信
・auone-netのKDDI IP電話の発着信
・会社INS回線→AP5100VoIP→会社Asterisk→IAX2→自宅Asteriskという着信

までなんとか可能になりました。続きはまた時間を見つけてやりますだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

Bフレッツが開通!

念願の「Bフレッツ・ハイパーファミリータイプ」が開通しました。

朝イチ(作業は9時ぐらいから、事前連絡は8時半過ぎぐらいにありました)。
工事には関係ないことですが、連絡先として連絡していた携帯電話番号(自分のはFOMA)宛てにSMSで工事日連絡が入ってました。最近はこんなサービスがあるんですね。ちょっとびっくり。

事前調査の通線確認の際、既に配管内に光ファイバ引き込み用のヒモ(?)が通してあったので、引き込みはあっという間に完了。同時に屋外電柱の接続作業もしていたようです。宅内作業担当の方が、すばらしい手際の良さで光ケーブルにコネクタを装着し、信号レベルの調査、そして今回設置していただいたONU兼ひかり電話ルータ(PR-200NE)に接続と設定確認を行っていました。

今回設置してもらったPR-200NEは本当に1筐体に「ONU」と「ひかり電話ルータ」が入ったものらしく、普段ふさいであるフタのナカに、LANコネクタと短いLANケーブルが入っていて、接続状態になってました。担当者さんの設定時にそこにノートパソコンをつないで専用ツールかなにかで設定していました。で、作業後、LANコネクタを戻して元通りです。

今回は、Bフレッツ開通と同時に、INS64の休止、INS64からひかり電話に移行し、一緒に使用していたダイアルイン追加1番号と、移設時新規に1番号をマイナンバーで追加しました。ひかり電話で新規に番号を取ると、市内局番はアナログ/ISDNの地域のものとは関係ない番号になるんですね。Bフレッツ開通確認後、トラブルもなく番号の移行も完了しました。

とりあえず、その日は午後から出社する予定だったので、仮設でアナログポートにPHSコードレス親機を接続しただけで終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

5100VoIP移設とAX100P購入

自宅で使っていたアイコムのAP-5100VoIPを会社に移設しました。

会社では実験的にx100p.comで購入した、クローンのX100PアナログFXOボードをLinuxサーバに入れて、1回線だけVoIPに乗せていたのですが、このカードが非常に不安定(後述)だったのと、自宅はINS64からひかり電話へ移行予定だったので、今後のVoIP化を考えて会社へ移しました。

そんな中、Asteriskプロショップで、AX100Pというカードが売られているのを見つけました。こちらもX100Pクローンです。x100p.comで購入し、たまたま当時のAsteriskマシンで使用できていたのですが、その後でこのショップのブログにx100p.comのカードの不具合が掲載されていて、確かに使っていると不具合が多いことに気づきました。

・マザーボードとの相性が厳しく、起動時にDAAイニシャライズエラーで使えない確率が、こちらの実績で50%ぐらい。
・認識できて使えても、なんだかサーバ自体が不安定になったり(関連性は不明)、カードがREDアラームを発してzapデバイスが死んだりすることが頻繁にあった。

P1000295

ちなみに、カードはこんな感じ。

上がx100p.com、下がAX100Pです。

カードの色以外に、AX100Pには、FXOスルーポートがありません。


自宅でアナログFXOを使っているのは、KDDIのひかりone電話をAsteriskに収容するためです(こちらは設定非公開のため、IP直収できない)。

ドライバはX100Pのまま、あっさり認識しました。今のAsteriskサーバはx100p.comの方が使えなかったのですが、AX100Pはふつーに動作しました。ナンバーディスプレイなどもちゃんと動いています。ただし、着信時、相手側から切断された場合の検出ができないのは変わらないですね(リングがなりっぱなし状態)

あとは、しばらく動作確認のため、使ってみようと思います。本来は、AP-5100VoIPのLINEポートで考えていたのですが、あとは、SPA-3102があるのでダメならこっちしかないですね(ナンバーディスプレイが非対応なのが難点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

ケータイをコードレス代わりに

KDDIがこんなサービスはじめます。

〔ニュースリリース〕au携帯電話とKDDI固定電話、およびKDDI固定電話間の国内通話料が24時間無料になる「auまとめトーク」の開始について

調べてみると、

・KDDIの指定のIP電話対応サービスを使用している

・auの携帯を持っている

・両方をまとめて請求(一括請求)している

のが条件だそうで、指定のサービスとは、ひかりoneやADSLプラスなど、KDDIが回線提供している家庭向けインターネットサービスのIP電話や、メタルプラスなど直収サービス、KDDI提携のケーブル電話と、フレッツ向けau one netの050番号だそうです。

上記のうち、ひかりone電話は既に使っていて、自分のau端末はまとめて請求なので8月から対象なんですね。ということで、家の電話からauは、通話無料です。...とここで思ったのが、

「仕事の電話とか、家からauに転送したら、コードレスみたいにつかえるんじゃね?」(語尾は上がる方向でw)

ということで、転送の実験してみました。

ひかりone電話は、HGW以外通信できない仕様のため、Asteriskに収容するのは、アナログFXO経由になります。

で、問題なのは転送した時のHookupの検出。これがうまくいかないです。会社の電話を転送して、会社の電話・家の電話・auケータイのどれかで受けるような構成にしたいのですが、家のいくつかのGWで色々試したものの、どうやってもダイアル終了時にすぐanswerになってしまい、携帯が着信していなくても、強制的に携帯が取ってしまい、相手の課金が始まってしまいます。

もともと家のひかりone回線は親の電話用なので、ふさがっていることもあります。上の問題とあわせて「直接IPベースでAsteriskが収容できるものないかな?」と考えたときに、1つだけ候補がありました。Bフレッツの「au one net」です。

ちょうど、Bフレッツの工事直前ということもあったので、これが使えないか検討中です。フレッツ経由の場合、050番号を取得して、プロバイダ料金がauケータイとまとめて請求になっていればよいとのこと。うちみたいな場合、ひかりone電話とトリプルな請求も有効だそうです(この場合、ひかりone電話でも050でも無料対象)

au one netの050番号をAsteriskに収容した例は見当たらないのですが、推奨機器がNTT東西のVoIPアダプタになっているので、収容できそうな気がするのですが....

ちなみに有料ですが、実験的にG-LEX経由でauケータイに転送してみました。構成は、

会社ISDN-AP5100VoIP-会社Asiterisk-(インターネット/IAX2)-自宅Asterisk-(ネット/IAX2)-GLEX

という流れで転送しました。会社の電話、自宅の電話、5秒ほど送れてauケータイ全部なりました。そして、ケータイで通話ボタンを押して、初めて回線がつながります。番号通知がG-LEXになってしまうので、相手の番号がわからないのですが、とりあえずコードレスがわりには出来そうです。

あとは、G-LEXをau one netにうまく置き換えれれば....

本音を言うと、メイン回線はFOMAなのでドコモがこーいうサービスをやってくれるとうれしいんですけどね。(moperaのフレッツオプションで050IP電話が使えるとか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

今日は暑い

今日は全国的に暑いみたいですね。札幌も午前中、30度と超えて真夏日になりました。例年よりも20日も早いとのこと。

今日は、午前中、先日決まったBフレッツの工事日をマンションの管理人さんや組合長さんに連絡し、ご協力をお願いしました。

あとは、Bフレッツ機器設置の事前準備として、リビング-マシンルーム間にLANケーブルを1本増設しています。

現在はCAT5eのケーブルが1本張られていています。自分でアダプタを作って8芯のうち、4芯を100BASE-T用として、残り4芯を電話(2W×2回線)として使っています。電話回線は、1本がVDSL+INS64でマシンルームに設置したVDSLモデム、スプリッタ、DSUに接続。残り1本はひかりone電話からのリビング電話機への接続に使用しています。

これは電話端子盤がリビングにあること、親用の電話(ひかりone電話)の親機もリビングに設置したいためでした。

ですが、INS64はひかり電話の移行で休止すること、VDSL延長によりなんとなくリンク速度が下がった気がしていること、Bフレッツも同じくリビングに引かれることなどから、LANケーブル2を2本にし、1本をVDSLモデム用、もう1本は宅内LANで使用します。Bフレッツについては、ONU内臓ひかり電話ルーターのルーター機能を使用し、ひかり電話のVoIP、フレッツ.net(IPv6)もあわせて宅内LANに乗せる予定です。またリビング用電話については、ひかりone電話がヤマハRT56vにつながっているため、リビングに設置しているRT54iと機器間アナログ通話機能を使って、宅内LANで飛ばす予定です(不安だったのでリビング電話だけ2W直結にしていたのですが...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

Bフレッツ工事日決定!

※今日から、mixiにつけていた日記をこちらに引っ越しました。

NTT東日本より連絡があり、Bフレッツの工事日が決まりました。7/24です。

今回は、最低料金プランにしていた@Nifty経由で申込しました。設置場所は自宅のマンションですが、マンションタイプではなく、戸建用のハイパーファミリータイプです。これで宅内まで光が来ます!(VDSLのひかりoneも併用しますけど...)

これ、最初からマンションタイプしか頭になったけど、VDSLにしちゃうと共有部分の工事があって(組合の許諾が必要だから)すんなりいかないところでしたが、既にKDDI用にNTT東の光がマンションには来ているという話をしたら、申込をした@Niftyのサポートの方が「ファミリーで再申込したほうが良いかもしれませんよ?」とのアドバイス。これは的確でした。調査の結果、既存配管のみでいけたので、すんなりOK。申込から1ヶ月程度での開通見込みとなりました。

今回は、INS64(ダイアルインで+1番号)から、ひかり電話(今回はエースを選択)に移行。試しにFAXお知らせサービス(NTT側でFAXを受信してくれて、メール通知をWebからTIFFダウンロードが出来るサービス)を申しこんでみました。また、それ以外に、もう1つマイナンバー追加(ひかり電話で追加すると地域とまったく関係ない局番になるんですね)。「アナログポート2つしかないのですが?」といわれたのですが、後からAsteriskとつなげる予定をしていたので、とりあえず「1つのポートで2番号とも着信できるようにしておいてください」とだけ連絡。あとは、Bフレッツに「フレッツ.net」を付けてみました。IPv6をいじる機会があまりなかったので、コンテンツを見たり、会社側にも入れて、そのうちIPv6-IPv6でVPNでもくんでみようかと....

本当はセッションプラスも申し込んでみようかと思ったのですが、こちらは開通後に申込が必要とのこと。工事費も別途かかるようなので、もうちょっと考えてみます。

Bフレッツ回線料金は@Nifty請求ですが、ひかり電話料金関連料金は、NTT東日本請求です。こちらは、INS64の口座引き落としや@ビリングがそのまま引き継げるそうで、ちょっと便利ですね。

ちなみに、今回はひかり電話と一緒に申し込んだので、ONUとルーターが一体になったPR-200NEあたりが設置されそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年8月 »