« 最近買ったCD | トップページ | またまたリカバリー »

2006年12月 4日 (月)

VAIOがー

VAIO Type-Uの調子が悪くなっちゃいました。

USBにつないだ機器の認識がおかしいんです。
今まで使ってたHUBのポートに挿したら正常に動くのに別のポートに挿すと不明なデバイスになってしまったり。

調べてみたら、Windowsって(XPも含め)、同じUSB機器でも違うポートに挿したら新しいデバイスとして認識されますが、そのドライバがどんどん蓄積されていって、一定数超えるとそれ以上登録できなくなっちゃうんですね。知りませんでした。

Type-UはキーボードがないのでUSBが逝ってしまうとかなり辛いです。いろいろいじってたらますますおかしくなってしまったのと、いろいろインストールしたものもあったし、いい機会だと思ったので、リカバリする決心をしました。

Type-Uは標準ではDisk to Diskによるリカバリですが、内蔵ツールを使用すると、リカバリ用DVDディスクを作成し、その分パーティションを開放することができます。もともと20GのHDDでしたから(現在は置換して30Gになってますけどね)。

念のため、Acronis TrueImageで丸ごとバックアップしてから(TrueImageのCDROMから起動してもLANが認識できるので、TeraStationに直接バックアップできた)、SONYの純正iLink接続DVD-ROM/CDRWドライブからリカバリDVDディスクより起動し、何の問題もなくリカバリできました。ちなみに、パーティションは前回は1パーティションでしたが、今回は10G/20Gに分けました。リカバリツールは30Gでも問題なく認識してくれました。

インストールが必要ないプログラムやデータを戻すのに、TrueImageでイメージをマウントしてみたのですが、どうも読めないファイルがあったため、20GのドライブDのパーティションにイメージを復元してみました(TrueImageはバックアップしたときのパーティションより小さいパーティションでも、実空き容量が足りていれば復元ができます)。再インストールしてファイルの所有権が変わってしまったため、読めないファイルが出ていたようで、セーフモードでログインし、所有権を変更した上で不要ファイルを削除しました。

あとはがしがしインストールしていくだけ。

|

« 最近買ったCD | トップページ | またまたリカバリー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/13048187

この記事へのトラックバック一覧です: VAIOがー:

« 最近買ったCD | トップページ | またまたリカバリー »