« | トップページ | 映画みました »

2006年12月10日 (日)

2コイチ!

DO-夢で購入した安いUSBハブ(UH2-2025、USB2.0対応4ポートでなんと税込み880円)。透明な袋に入って売られていたので、十分怪しかったですが、安かったのでダメもとで買ってみました。最初はVAIO Type-Uで認識しなかったのですが、どうもVAIO側の問題だったらしく、リカバリしたら無事認識してくれました。

それと、エレコムのTK-UP84CPBKという小型USBキーボード。この手の小型キーボードの中ではキータッチがかなりお気に入りで、普段持ち歩いております。

Type-Uは拡張スロットがCFスロットとUSBが1ポートしかないため、有線のマウスやらキーボードやらつなぐとハブは必須な訳ですが、キーボードのUSBケーブルが長めだったり、2つ持ち歩くものがあったり、なんとかならないかなぁーって考えていたんですけど

キーボードにハブ内蔵させちゃえばいいじゃん!

で、やってみたのが下の写真です(笑)。キーボードは以外と隙間が多かったこと、ハブも基盤が小さめだったので、入る目処が立ったため、強行です。ハブ内蔵のキーボードもあるにはあるんですが、キータッチまで納得なものってなかなか無いし、新しく買ってキーボードだらけってのもなんなんで。自分、不器用ですけど(汗)なんとかガリガリ穴を開けて、埋め込んでみました。ハブの改造部分としては、USBコネクタを1つはずし、キーボード部分と直結。ただしハブの部品のうち12MHzのクロックがキーボード基盤とあたってしまったので、これだけリード線で延長させることで、なんとか入ってくれました。めでたしめでたし(笑)

P1000036 P1000037

コネクタ部分は写真を拡大してお見せできないほどガタガタなのですが(汗)日曜まる1日かかって作ったことだけあって、かなり気に入ってます^^。先週買ったばかりのMicrosoft Wireless Notebook Laser Mouse 6000を挿しても順調に動いてます。会社の人に「コネクタの周りにうまくはまるようにプラ板張ってみたら?」ってナイスアドバイスもらったので、来週あたりホームセンターでも行ってみようかと。

ちなみに、Type-UのCFスロットにはSocket社製Bluetooth CFカードを挿しっぱなしです。6000買った後にMicrosoftからBluetoothのマウス出たんですよね。こっちだと受信機持ち歩かなくてよいからもっとスマートだったのに。残念。

|

« | トップページ | 映画みました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/13047790

この記事へのトラックバック一覧です: 2コイチ!:

« | トップページ | 映画みました »