« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

映画みました

今日は残りの仕事を片付けたあと、レイトショーで映画見てきました。

作品は、「犬神家の一族」。何度もリメイクされている有名なストーリーですけど、初めてみました。なんとなく、映画というよりテレビドラマみたいな感じ。でもわかりやすかったので印象はよかったです。

なんか、以前の劇場版を見て比較してみたくなりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

2コイチ!

DO-夢で購入した安いUSBハブ(UH2-2025、USB2.0対応4ポートでなんと税込み880円)。透明な袋に入って売られていたので、十分怪しかったですが、安かったのでダメもとで買ってみました。最初はVAIO Type-Uで認識しなかったのですが、どうもVAIO側の問題だったらしく、リカバリしたら無事認識してくれました。

それと、エレコムのTK-UP84CPBKという小型USBキーボード。この手の小型キーボードの中ではキータッチがかなりお気に入りで、普段持ち歩いております。

Type-Uは拡張スロットがCFスロットとUSBが1ポートしかないため、有線のマウスやらキーボードやらつなぐとハブは必須な訳ですが、キーボードのUSBケーブルが長めだったり、2つ持ち歩くものがあったり、なんとかならないかなぁーって考えていたんですけど

キーボードにハブ内蔵させちゃえばいいじゃん!

で、やってみたのが下の写真です(笑)。キーボードは以外と隙間が多かったこと、ハブも基盤が小さめだったので、入る目処が立ったため、強行です。ハブ内蔵のキーボードもあるにはあるんですが、キータッチまで納得なものってなかなか無いし、新しく買ってキーボードだらけってのもなんなんで。自分、不器用ですけど(汗)なんとかガリガリ穴を開けて、埋め込んでみました。ハブの改造部分としては、USBコネクタを1つはずし、キーボード部分と直結。ただしハブの部品のうち12MHzのクロックがキーボード基盤とあたってしまったので、これだけリード線で延長させることで、なんとか入ってくれました。めでたしめでたし(笑)

P1000036 P1000037

コネクタ部分は写真を拡大してお見せできないほどガタガタなのですが(汗)日曜まる1日かかって作ったことだけあって、かなり気に入ってます^^。先週買ったばかりのMicrosoft Wireless Notebook Laser Mouse 6000を挿しても順調に動いてます。会社の人に「コネクタの周りにうまくはまるようにプラ板張ってみたら?」ってナイスアドバイスもらったので、来週あたりホームセンターでも行ってみようかと。

ちなみに、Type-UのCFスロットにはSocket社製Bluetooth CFカードを挿しっぱなしです。6000買った後にMicrosoftからBluetoothのマウス出たんですよね。こっちだと受信機持ち歩かなくてよいからもっとスマートだったのに。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

買ったCD。

  • オムニバス(HMVで購入)
    CUP NOODLES CMソングスコレクション
    →全10曲。「ハッピーじゃないか」から宇宙人でおなじみ「オンリーユー」まで。今やってる宇多田ヒカルの「This is love」は入ってません。あとはチャゲアスとか布袋さんとか。
     
  • 一青窈 (HMVで購入)
    BESTYO
    →一青窈のベスト盤。最初の数枚はシングルも持っていますが、後半のは買ってなかったのでまとめて。「かざぐるま」とかしっとりとして好きですよ。
     

CDと直接関係ないですが、JRタワー・ステラプレイスのHMVは全部のレジがQuicPay対応なんですね。セイコーマートとかもそう。最終的にはそうなってほしいと思うんですよ、普通のサービスとして使えるようになるには。ヨドバシやビックカメラなども早く全部のレジに整えてほしいですね。中途半端な台数だと逆に普及しない気がします。設置店舗増やすのに必死なのはわかるのですが、フロアに1台(下手すると数フロアで1台)じゃユーザーが困っちゃいますよ。そーいや「iD」もたくさんおいてあるのは見たことないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

またまたリカバリー

無事リカバリしたのに、iPodアプリ入れたら、なんだかマイコンピュータが開けなくなってしまいました。正確には、マイコンピュータやコンパネなどを開くと、わとすん博士が強制終了します。セーフモードは異常なし。また、IEでアドレスとしてローカルドライブを指定してもちゃんと開けるのに、原因不明です。

頭にきてまたまたリカバリ。一番面倒なのは、Type-Uの出荷時がXP SP1なのでSP2などパッチをたくさんあてないといけないところ。今回は、まずパッチを全部当て、最新状態になったところでまずTrueImageのバックアップをとりました。データはパーティションを分けていたので、「システムパーティションのみ再インストール」が選択できました。

最初にiPodユーティリティを入れてみたのですが問題なし。きっと何かタイミングが悪かったんですね。

ついでに必要なツール類をまとめたDVD-Rも焼きました。まぁ気長にやりますよ。はぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

VAIOがー

VAIO Type-Uの調子が悪くなっちゃいました。

USBにつないだ機器の認識がおかしいんです。
今まで使ってたHUBのポートに挿したら正常に動くのに別のポートに挿すと不明なデバイスになってしまったり。

調べてみたら、Windowsって(XPも含め)、同じUSB機器でも違うポートに挿したら新しいデバイスとして認識されますが、そのドライバがどんどん蓄積されていって、一定数超えるとそれ以上登録できなくなっちゃうんですね。知りませんでした。

Type-UはキーボードがないのでUSBが逝ってしまうとかなり辛いです。いろいろいじってたらますますおかしくなってしまったのと、いろいろインストールしたものもあったし、いい機会だと思ったので、リカバリする決心をしました。

Type-Uは標準ではDisk to Diskによるリカバリですが、内蔵ツールを使用すると、リカバリ用DVDディスクを作成し、その分パーティションを開放することができます。もともと20GのHDDでしたから(現在は置換して30Gになってますけどね)。

念のため、Acronis TrueImageで丸ごとバックアップしてから(TrueImageのCDROMから起動してもLANが認識できるので、TeraStationに直接バックアップできた)、SONYの純正iLink接続DVD-ROM/CDRWドライブからリカバリDVDディスクより起動し、何の問題もなくリカバリできました。ちなみに、パーティションは前回は1パーティションでしたが、今回は10G/20Gに分けました。リカバリツールは30Gでも問題なく認識してくれました。

インストールが必要ないプログラムやデータを戻すのに、TrueImageでイメージをマウントしてみたのですが、どうも読めないファイルがあったため、20GのドライブDのパーティションにイメージを復元してみました(TrueImageはバックアップしたときのパーティションより小さいパーティションでも、実空き容量が足りていれば復元ができます)。再インストールしてファイルの所有権が変わってしまったため、読めないファイルが出ていたようで、セーフモードでログインし、所有権を変更した上で不要ファイルを削除しました。

あとはがしがしインストールしていくだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »