« 初滑り | トップページ | 最近買ったCD »

2006年11月25日 (土)

RM-PL500D

P1000021 ソニーの学習リモコン「RM-PL500D」を買いました。今までは、ビクターの学習リモコン「RM-A1500」を使っていましたが、ちょっと不満があった点が良くなっていて、PL500Dの価格は半分近く。試してみたくて買ってみました。

左がA1500、右がPL500D。
 

さて、自分で使ってみて、PL500Dの方が良いと思った点、逆にA1500の方が良かった点をまとめてみました。

▼ソニーPL500Dの方が良いと思った点

  • データ放送系ボタン(青赤緑黄・dボタンなど)と、ビデオ操作系ボタン(再生・停止・早送り・巻戻しなど)が独立している。
    (現在、J:COMのHDDレコーダ(HUMAX製)を使用しているので、併用しているA1500ではボタンが足りなくなった)
  • 上のおかけでボタンが増えた。
  • 登録機器数が増えた(A1500:6種類→PL500D:8種類)
  • PL500Dの方がちょっと薄く、ちょっと軽い。
  • 予め各種メーカーのリモコンコードも登録されているが、ソニーのテレビを設定したら、テレビ添付のリモコンに無いキー(機能?)が増えた
    標準リモコンにはビデオ入力切替/コンポーネント切替キーしかないのに、PL500Dだとビデオ1~4、コンポーネント1/2が直接指定できるキーが…

▼ビクターA1500の方が良いと思った点

  • 液晶画面がある
    A1500は機種名・ボタン毎の名称が登録できるので、忘れた時便利。

ちなみに、現在登録している機器は、

  • ソニー KV-28DX550(ハイビジョン対応テレビ・デジタルチューナーなし)
  • J:COM(HUMAX) HC-5000(HDDレコーダ・2チューナー内蔵STB)
  • 電波新聞社(マイコンソフト) XSELECT-D4(多機能D端子セレクタ)
  • ソニー RDR-GX7(HDDなしDVD±RW・DVD-Rレコーダ、実は一時期"スゴ録"シリーズだった)
  • YAMAHA DSP-AX630(6.1サラウンド対応AVレシーバーアンプ)
  • IOデータ AVeLLINKプレーヤー(ネット対応メディアプレーヤー)
  • ビクター JX-S777(ビデオ8入力/コンポーネント2入力ビデオセレクタ)
  • SKnet Pure-D(デジタルビデオスタビライザ、古いビデオをキレイに見せる装置)
  • 部屋の照明(蛍光灯ON/OFF)

現在でも、これだけのリモコンが1台にまとまっているわけですが、さらに

  • ソニー WX-DR7(DV/S-VHSデッキ)
  • ソニー EV-S900(PCM対応Hi-8デッキ)
  • ソニー EDV-9000(EDβデッキ)
  • DENON LA-260C(LDプレーヤー)
  • Panasonic NV-DH1(D-VHSデッキ、D-VHSの録再は現状でもJC-5000からiLink経由で操作可)

といった古い機種も、まだ空きがあるので、まとめられそうです。

|

« 初滑り | トップページ | 最近買ったCD »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/12815228

この記事へのトラックバック一覧です: RM-PL500D:

« 初滑り | トップページ | 最近買ったCD »