« 気軽なモバイル環境 | トップページ | 半年も放置プレー »

2006年9月 2日 (土)

QUICPayを使ってみた。

JCBカードの非接触ICカードを使用したクレジットサービス「QUICPay(クイックペイ)」というのがあります。ドコモのiDに対抗して、auではQuickPayをプリインストールするようですね。

私はNiftyJCBカードを持っていたので、とりあえず申し込みだけしていました。まだサービス開始直後だったので、当時は郵送による申し込みのみでした(現在は、カードの明細などをオンラインで確認できるMyJCBから直接登録もできるようです)。

QUICPayはICカードを使うタイプと、おサイフケータイを使うタイプが選べます。おサイフ携帯の場合は、アプリのダウンロードURLやアカウントが通知されますので、指示どおりダウンロードします。私はP902iに登録しました。

しかし、実際に登録してみたものの、札幌市内ではなかなか利用する機会がない(対応店舗はあるが、普段利用する店ではなかなかお目に抱えない)ので、半年ぐらい放置したままだったのですが、QUICPay開始当初より一部の店舗で試験導入していたセイコーマートが9/1よりほとんどの店舗に導入したようなので、早速近所の店舗で使ってみました。

レジの精算時に「QUICPayでお願いします!」と言って、レジ横のカードリーダに携帯を乗せるところはEdyと同じです。精算完了まではEdyよりちょっと(1秒ぐらい?)長めなのでかざすより乗せるほうが良いですね。

QUICPayはクレジットカード扱いなので、1回払いとしてあとから請求がきます(=ポストペイ)。Edyのようなプリペイドタイプと違いあらかじめチャージしておかなくてもよいという利点があります。もちろん、自己管理は必要ですけどね。

ちなみにローソンも非接触ICカードに対応するようですね。こちらは、一気にiD・Edy・Suicaに対応。QUICPayなども今後対応していく予定とのこと。こちらのメリットは1台のカードリーダーで全カード対応できることですよ。

以前、DCMXminiiDを使っていました。iDは家電量販店などに入っていたので、メディアとか小物を買うときに使ったことがあるのですが、iD対応レジが限られていて、別の売り場へ移動させられたり、おサイフケータイをポイントカードとしてもつかえるが、ポイントカードとiDのカードリーダーが別なので何回もケータイをかざさないといけないなど不便に思うこともありました。

ちなみに、今はDCMXminiは使っていません。ドコモの料金を口座引落からクレジットカード払いにしようとしたら、DCMXmini利用ユーザーはクレジットカード払いが出来ないからです。考えたら、DCMXminiは電話料金で請求が来るので、DCMXminiのクレジット利用料を別のクレジットカード払いにすると2重になってしまいますからね。

支払方法変更は、MyDOCOMOで行えますが、DCMXminiに入っているとその旨が表示され受け付けてもらえません。しかし、iDのアプリから解約手続きを行い、再度MyDOCOMOから変更手続きをしたらすぐにできました。ここはオンラインって便利だなぁと思いましたよ。

|

« 気軽なモバイル環境 | トップページ | 半年も放置プレー »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/11728475

この記事へのトラックバック一覧です: QUICPayを使ってみた。:

» QUICPay [決済の手段いろいろ]
QUICPayQUICPay(クイックペイ)は、「Quick Useful IC Payment」の略で、モバイル決済推進協議会が推奨する非接触・モバイル決済スキームである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedi... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 13:26

« 気軽なモバイル環境 | トップページ | 半年も放置プレー »