« 携帯から書き込むテスト | トップページ | VAIOの調子が... »

2005年11月20日 (日)

FOMAのマルチナンバー

普段使っているFOMAに「マルチナンバー」で電話番号を追加しました。

以前、movaの時に「ナンバープラス」というのを使っていました。一番の違いは「電話をかけるときに、追加番号を発信元番号として選べる」という点、さらに「電話番号ごとに料金明細を分けられる点」です。

自分の場合は仕事でもプライベートでも携帯の番号を公表しているので意味がないのですが、たとえば自分の携帯をこれから仕事でも使おうと思う場合には、仕事用に1つ番号を追加して、仕事関係の人に番号を教えたり、自分の携帯から仕事関係の人に電話する場合に追加番号を使うことで、電話がかかってきた時点で仕事かプライベートかがわかるだけでなく、追加番号で電話をかけた分だけ請求書の料金を分けて表示できるので、仕事の利用分だけ会社に請求することもできる、というワケです。

今回登録したのは、事務所の休日は不在時の着信を自分が受けているのと、自宅から携帯への転送電話がすぐわかるようにしたかったので、「どこからの着信かわかるため」に登録しました。(今までは会社の番号は一緒に使っているau端末で受けてました)

今日、気づいた点をメモっておきます。

・付加番号(追加した番号)は2つまで追加可能。1つにつき月額500円。今回は、それぞれ3つの候補の中から1つずつ選ばせてくれました。

・マルチナンバーの申し込みは、ドコモショップに行く必要がある(今日気づいたのですが、FOMAカードに書き込みが必要なためのようです)

・番号通知お願いサービス(非通知で着信すると交換機側で「186をつけて・・・」というメッセージを流してくれるサービス)は、基本契約番号(本来の電話番号)と連動のみ。つまり、全部ONか全部OFFのみです。(本当は個別対応してくれるとうれしいのですが。付加番号発信で148しても親番号の設定が変わるだけでした)。会社用はサービスオフで、基本番号と自宅用はオンにしたいのですが.....端末にも非通知拒否はありますが番号ごとに設定はできないようですね。残念。(ただし自宅は家の電話が数秒鳴ってから転送されるようにしており、自宅の留守電の機能で非通知の場合すぐ留守電が電話をとってくれるので、非通知は転送されないはず)

・デュアルネットワークを利用している場合、movaに切り替えると子番号は着信できない(相手には「ただいまご利用いただけません」アナウンスが流れる)

・番号ごとに着信の設定を変えることは可能。例えば、自分が使っているF901iCは、付加番号1と2で着信音やアニメを変えることが可能。番号ごとに「事務所」「自宅」など名前をつけることも可能。

これから事務所の転送設定(ボイスワープ)を変更してみるのですが、やっぱりmova状態で動作しないのが、ちょっと痛いですね。なんでも交換機が違うためだそうです。movaの時にナンバープラスとして動作してくれるのを期待していたのですが...残念。

|

« 携帯から書き込むテスト | トップページ | VAIOの調子が... »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143036/7227343

この記事へのトラックバック一覧です: FOMAのマルチナンバー:

« 携帯から書き込むテスト | トップページ | VAIOの調子が... »